Notice Board

November 29, 2006

共謀罪を巡る状況が極度に緊迫しています



緊急連絡     破防法・組対法に反対する共同行動事務局
共謀罪を巡る状況が極度に緊迫しています。

ようやく「朝日」28日朝刊が 「与党は共謀罪の今国会での成立をいったん断念したが、衆院法務委の理事た ちはここに来て審議入りに執念を燃やしている」と報じましたが、「野党の揺 さぶり」などという先週のレベルを超えて、もっと事態は切迫しています。ま だ、状況の切迫が伝わっていないので、周りに広げ、何らかの行動をとられる よう訴えて下さい。このメールは転送可です。

以下、闘争方針に係わる緊急連絡です。

1,今日28日午後から休憩に入り、20時30分から再開が予定されていた法 務委理事会は、開かれることなく散会した(長時間の休憩、夜の理事会という 異様な設定に緊迫しきった状況が現れています)。

2,明日29日の法務委員会はなし。従って明日の緊急行動はありません。明日 は14時15分から法務委理事会が開かれる。今朝の理事会で与党の法務委員 多数が共謀罪審議入りを主張、険悪な雰囲気に終始したが、野党が審議入りを 拒否する理由としていた野党質問趣意書に本日外務省が回答したことを受け て、激しい攻防が展開される。既に与党は、春の通常国会最終日に議事録に添 付した「最終修正試案」を野党に届けており、残るは与党国対がゴーの指示を 何時出すかのタイミングだけとなっている。

3,防衛省法案の30日採決で、与党と民主党が合意した。それ以前に共謀罪審 議入りはないと思われるが、教育基本法も12月7日~8日採決とされてお り、与党が共謀罪審議入り・強行採決に走る条件(他の法案に影響を与えな い)は十二分に整ってきている。

4,政府・与党が睨んでいるのは、もはや国会内の力関係ではなく、マスコミや 反対運動・世論がどう動くかということである。安倍の支持率は落ちており、 教基法今国会成立を支持するのが少数など、流動局面に入っており、共謀罪に ついては今春のような急激な大衆運動の高揚・反対世論の渦の再来となること が、唯一の懸念材料になっていると思われる。与党にとっては短時日での採決 がその突破の方策である。

5,従って、今週の金曜日(12月1日)と来週の火曜日(12月5日)が共謀 罪審議入り・強行採決を阻止できるかどうかの山場となる(少し遅れて教基法 参院採決と同時になることも考えられるが、法務委レベルの攻防は既に煮詰ま りきっている)。廃案に追い込むか、衆院強行採決かの臨時国会最終決戦で す。

6,緊急の行動方針以下の緊急行動に全力をあげて取り組まれるよう訴えます。

・12月1日(金)国会前全日行動(8時半~座り込み・ビラまき→昼集会→1 7時)【追加】
・12月3日(日)共謀の日3(12時~15時、銀座マリオン前、リレートーク)
・12月4日(月)日弁連院内集会(17時半~衆院第1議員会館)【追加】
・12月5日(火)国会前全日行動(8時半~座り込み・ビラまき→昼集会→1 7時)【時間延長】

○与党国対・法務委員に審議入り策動抗議のFAXなどの集中を。
*なお、教基法改悪反対のリレーハンストが11月30日から再開されます (9~18時、衆院第2議員会館前)。教基法改悪反対の闘争スケジュールも来 週一杯目白押しです。

共闘を強め、両悪法を大衆運動の力で葬り去りましょ う。

ラリーキング vs ジミー・カーター

Larry King Live:2006年11月27日 
ゲスト ジミー・カーター 
(途中からのスクリプト)

KING: Now let's move to your book, "Palestine, Peace not Apartheid," published by Simon and Schuster. This must be book number 600.
CARTER: It's book number 21.
KING: Twenty-one. It just seems so frequent.
CARTER: I know.
KING: Anyway, Alan Dershowitz writing about this book Mr. Dershowitz has written strong books defending Israel, blasts this book and he says your use of the loaded word "apartheid" suggesting an analogy to the hated policies of South Africa is especially outrageous. What's the analogy? Why use the word apartheid?
CARTER: Well, he has to go to the first word in the title, which is "Palestine," not Israel. He should go to the second word in the title, which is "peace." And then the last two words is "not apartheid." I never have alleged in the book or otherwise that Israel, as a nation, was guilty of apartheid.
But there is a clear distinction between the policies within the nation of Israel and within the occupied territories that Israel controls and the oppression of the Palestinians by Israeli forces in the occupied territories is horrendous. And it's not something that has been acknowledged or even discussed in this country. The basic purpose of...
KING: Why not?
CARTER: I don't know why not. You never hear anything about what is happening to the Palestinians by the Israelis. As a matter of fact, it's one of the worst cases of oppression that I know of now in the world. The Palestinians' land has been taken away from them. They now have an encapsulating or an imprisonment wall being built around what's left of the little tiny part of the holy land that is in the West Bank.
In the Gaza, from which Israel is now withdrawing, Gaza is surrounded by a high wall. There's only two openings in it, one into Israel which is mostly closed, the other one into Egypt. The people there are encapsulated.
And, the deprivation of basic human rights among the Palestinians is really horrendous and this is a fact that's known throughout the world. It's debated heavily and constantly in Israel. Every time I'm there the debates is going on. It is not debated at all in this country.
And, I believe that the purpose of this book, as I know, is to bring permanent peace to Israel living within its recognized borders, modified with good faith negotiations between the Palestinians for land swaps. That's the only avenue that will bring Israel peace.
KING: But, again, referring to Dershowitz, he says: "Palestinian terrorism is missing from Carter's entire historical account," true?
CARTER: No, it's not. He obviously hasn't read the book. I point out very horrible instances of Palestinian terrorism. But I also point out that in the last -- since August of 2004 that Hamas has not been guilty of an act of terrorism that cost an Israeli life. And, the terrible acts of violence on both sides are a very great concern of mine.
For instance, since the second intifada started, there have been about 4,000 Israelis -- Palestinians killed, about 1,000 Israelis killed. Seven hundred Palestinian children have died. About 120 Israeli children have died. These are all horrible acts and this constant killing of each other needs to be stopped.
*******ウェッブ・アーカイヴの映像はここまでですが、実はここからが本番***********
Since Israel went into Gaza 400 Palestinians have died, three Israeli soldiers have been killed. Four other Israelis have been killed by rockets. All of those deaths are tragic but there has been violence on both sides.
And what we need now is a recognition that Israel will comply with international law with the resolutions passed by the United Nations, approved by the United States and Israel requiring Israel to withdraw from occupied territories.
To comply with Israel's with me and President Sadat at Camp David when Menachem Begin, the prime minister of Israel agreed, "We will withdraw our military and political forces from the West Bank. We'll give them full autonomy. We'll comply with U.N. resolution 242," which requires Israel to withdraw from occupied territories. That has now been violated.
KING: Let me hold you right there.
CARTER: Yes.
KING: And we'll pick right up.
CARTER: Fine.
KING: We'll have e-mails and include some phone calls. "Palestine, Peace not Apartheid," Jimmy Carter the author, we'll be right back.
(COMMERCIAL BREAK)
KING: Concerning your book, Nancy Pelosi, the incoming speaker of the House said: "It is wrong to suggest that the Jewish people would support a government in Israel or anywhere else that institutionalizes ethnically based oppression and Democrats reject that allegation vigorously."
CARTER: Well, I didn't refer to Israel, to repeat myself, and I made it plain in my book that the apartheid as now being practiced in the West Bank is based not on racism or ethnic divisions. It's based on (INAUDIBLE) for Palestinian land by a minority of Israelis and this has been the problem for a long time.
And, I don't think there's any way that Israel will ever have what all of us want, what I've worked for, for 30 years, and that is peace until Israel is willing to withdraw from the occupied territories and let the Palestinians have their own land side-by-side, as is specified, by the way, in the international quartet's roadmap for peace, which calls for Israel to withdraw from occupied territories.
KING: Mr. President, didn't President Clinton have that all worked out and wasn't it Arafat that backed off?
CARTER: No. As a matter of fact, Clinton -- President Clinton did a great job the last term, the last part of his term in trying to bring peace to Israel. He made some very interesting proposals, none of which were accepted either by the Israelis or the Palestinians.
I describe that in my book and what President Clinton proposed was not acceptable to either Israel of the Palestinians but was the best effort he could make in the time that he had left in his term.
KING: We have an e-mail from Julie in Palo Alto. "The United States and Israel seem to be the ones you love to hate worldwide. Why do you think that is so and why are they always linked together?"
CARTER: Well, I think the United States and Israel have been linked together ever since long before I was president and they were certainly linked together when I was president. I was the one that negotiated a peace agreement between Israel and Egypt. Egypt had been the attacker of Israel four times in the previous 25 years before I became president and we concluded a peace treaty between Israel and our most formidable opponent in 1979 in April, not a word of which has ever been violated. So, I've devoted a good portion of my adult life trying to bring peace to Israel, which I admire very much.
And I think what's happening in the West Bank and in the occupied territories is completely contrary to the basic principles of the Israeli religion and completely contrary to the basic principles of Israel as a nation when it was founded.
It's a crime what is being done to the Palestinians by the occupying forces and that's what I tried to describe in the book. And everything in the book, I might say, is completely accurate.
KING: Richard Cohen in "The Washington Post" wrote the following. I want your reaction. "The greatest mistake Israel could make at the moment is to forget that Israel itself is a mistake. It's an honest mistake, a well-intentioned mistake, a mistake for which no one is culpable, but the idea of creating a nation of European Jews in an area of Arab Muslim (and Christians) has produced a century of warfare and terrorism of the sort we are now seeing. Israel fights Hezbollah in the north and Hamas in the south, but its most formidable enemy is history itself."
CARTER: I don't agree with that, if you're asking me if I do agree.
KING: Yes.
CARTER: I think it was a notable and heroic thing for the international community with practical unanimity, except for the Arab countries, to ordain the right of Israel to be a nation and I think that one of the greatest steps that Harry Truman made was to recognize Israel immediately.
And then when Israel was attacked and went through a series of wars in 1967, the delineation of Israel was established. Seventy- seven percent of the holy land was given to Israel. Only 22 percent went into the West Bank. And the agreement was that Israel would not invade and occupy and colonize the property owned by the Palestinians.
Israel violated that international law and the international quartet's roadmap and other agreements. And, as soon as Israel quits violating that and withdraws to its legal borders, then Israel will have I think a fruitful and peaceful life in harmony with its neighbors.
KING: Are you optimistic about that?
CARTER: It depends. You know in the last six years, contrary to every other thing we've known since Israel was founded, there has not been a single day of good faith negotiation between Israel and her neighbors, despite the fact that the Palestinians have produced with full approval for Israel and the United States the person that they wanted to represent the Palestinians, that is Mahmoud Abbas who is known as Abu Mazen.
When Arafat was still president, Abu Mazen was made the prime minister, at the choice of U.S. and Israel, so he could negotiate on behalf of the Palestinians. Later when Arafat died, Abu Mazen became the president of the Palestinians and still he has not been permitted to negotiate a single day in good faith in a substantive way with Israeli leaders.
That's something that's missing is any effort on the part of the international community, particularly the United States, to bring these two sides together for good faith talks, as all previous presidents, including President Clinton, have tried to do.
KING: The book is "Palestine, Peace not Apartheid." Coming up, former President Carter's take on the midterm elections; a little later his predictions for 2008. Your phone calls on the questions of this book as well and some more on the book too. It's just ahead on LARRY KING LIVE.
(COMMERCIAL BREAK)
KING: We're back with President Carter.
The book: "Palestine: Peace Not Apartheid."
We'll include some of your phone calls as well.
Ridge, New Hampshire, hello.
CALLER: Hey, Larry. How's it going?
KING: Fine.
CALLER: President Carter, how are you?
CARTER: Fine.
CALLER: Good.
I would just like to say, first of all, I think the war in Iraq is an absolute disgrace.
KING: What's your question?
CALLER: Well, I feel like we lied to -- anyway, I would like to ask President Carter what he thinks we need to do to leave Iraq, what we need for success and how are we going to leave that country.
KING: Got you.
How are we going to leave?
CARTER: Well, I think what everybody's doing right now and what I'm doing is waiting to see what the recommendations might be from the committee that's studying that under Jim Baker and others.
And I think what they've already done is to recommend that Iran and Syria, as well as Egypt, Saudi Arabia and others come together to reassure the Iraqi people that have a life after American troops leave. The second thing is to notify the Iraqi leaders and government that we do have a definite plan to leave. They must take more responsibility for themselves.
I wouldn't want a precipitous withdrawal and I hope that the Democratic Congress members will work harmoniously with President Bush after he makes a decision as commander in chief the best avenue on how to take the new recommendations coming to him.
KING: Speaking of that, what's your overview of the elections?
CARTER: In this year?
KING: Yes.
CARTER: I was pleased with the elections, obviously. I was surprised that we took the Senate. Obviously, some of the victories were very close. But I think that now we have a good chance to let the Democrats prove, hopefully, that we can govern, at least from a Congressional point of view, insist on some of the things that are long overdue, like an increase in the minimum wage and maybe some cheaper prices for drugs, and to do a great deal, I hope, on the ethics issue, eliminate corruption in the Congress, but, overall, to be positive in our approach and not just negative, as we've been too much in the past.
KING: Do you think it will continue to be as pro-Israel as this past Congress?
CARTER: I would guess so, Larry. It's almost inconceivable for any members of the House and Senate to take any position that would be critical of Israel.
That's one reason I wrote my book, is just to precipitate some controversy, to use your word, or provocation, that is to provoke debate on the issue and to let the people of America know that there are two sides to many issues in the Middle East, and that in order ever to have peace for Israel, Israel will have to comply with international law. But I don't think it's likely at all that Democrats will be any more critical for the policies of Israel than were the Republicans.
KING: Back to Mr. Dirshowitz (ph) on your book. He deals with the tone of your book. He says "it's obvious that Carter doesn't like Israel or Israelis. He lectured Golda Meir on Israel's secular nature, he admits he didn't like Menachem Begin. He has little good to say about any Israelis except those few who agree with him. He apparently got along swimmingly with secular Syrian mass murderer Hafiz al-Assad. He and his wife Rosalynn had a fine time fine with equally secular Yasser Arafat, a man with the blood of hundreds of Americans and Israelis on his hands."
How would you respond?
CARTER: That's ridiculous. You know, I think it's a waste of my time and yours to quote Professor Dirshowitz. He's so obviously biased, Larry, and it's not worth my time to waste it on commenting on him.
I had very good friends in Israel. I said in the book that my number one friend in Israel was Eva Weissman (ph), who negotiated with me at Camp David. Moshe Dian (ph) was also there with me. I got along well with Prime Minister Begin. In fact, he was the one that made it possible for me to have the greatest success politically of my life, and that is to bring peace between Israel and Egypt. And obviously I was friendly with Sadat, as well. So, I still have great friends in Israel. And for him to say that I hate Israel, I hate Israelis, I hate Jews and so forth is ridiculous.
KING: Since you negotiated one of the most successful peace treaties in history, the treaty between Israel and Egypt, which has never been broken, right?
CARTER: That's correct. Not a single word has ever been violated since April of 1979.
KING: How did you get this rap of anti-Israel then?
CARTER: You mean from Dirshowitz?
KING: No, let's put Dirshowitz aside.
CARTER: You'd have a hard time finding others that think that. You know, when I write a book of this kind, with admittedly a provocative title -- and I use the word provocative not in a negative sense, but just to provoke debate and to provoke discussion.
And now we're in an absolute doldrums concerning peace in the Middle East. As I said couple of times on your program already, for six years we've not had one day -- one effort to negotiate peace. I think it's time to get become on the peace track. And I think this book will provoke some discussions and will educate a lot of people about what's going on in the West Bank now. And it has the clearest possible avenue proscribed in this book for peace in Israel and harmony with its next door neighbors.
KING: Why has that been impossible up to now?
CARTER: The debate?
KING: No, not to have a debate.
CARTER: Yes?
KING: President Clinton said that situation is the hardest he's ever had to deal with, harder than Britain and Ireland.
CARTER: Well, it probably is. But, you know, there have been two clear successes. One was when I negotiated between Begin and Sadat and they both agreed to exactly the same document. They both submitted that document with their signature on it to their own parliaments. And their own governments approved it, in Israel with a vote of 85 percent in the Knesset.
And then later the Norwegians negotiated an agreement between Rabin -- Peres on one side and Arafat on the other, for which all three of them got the Nobel Peace Prize. And they proscribed it -- the withdrawal from the occupied territory.
So, there have been previous agreements worked out based on U.N. Resolution 242 and the others, with which the Israeli leaders and their government agreed. So it's not a hopeless case. And I hope that we'll make another effort. In both those cases, there were strong interlocutors or mediators, I in one case and the Norwegians in the other. And that's what we need now.
I think if the United States won't take that role on, then maybe the entire group of the so-called International Quartet, the United States, Russia, the United Nations, and the United -- and the European Union -- those four have written a road map which President Bush has endorsed enthusiastically. And if they can implement their terms -- by the way, on which the Palestinians have accepted 100 percent and the Israelis have rejected almost entirely -- if the road map terms are accepted, then we can have peace in the Middle East.
KING: Our guest is President Carter. His book is "Palestine: Peace Not Apartheid," not only a guaranteed best-seller, but certainly one of the most talked about books late in the year 2006.
Just ahead, the former president's take on the rising political star of Barack Obama. Don't go away.
(COMMERCIAL BREAK)
KING: Before we take another call and talk more about the book and President Carter's newest endeavors, which are many of course -- he is one of the most active if not the most active former president ever.
Let's ask about Barack Obama. What do you make about this new man on the scene?
CARTER: Well, he's a remarkable political phenomenon, I think. I was there in the audience when he made his notable speech to the last Democratic Convention. I've seen the remarkable impact he's made during the recent elections, as he traveled around the country. He was the most sought for public speaker. He brought forth a lot of emotion, not only in the United States but when he visited Africa recently. So I think he has a great political future. I don't think there's any doubt about that.
KING: Presidential future soon?
CARTER: Presidential future soon. I don't know if it's two years from now is too soon. I think that's up to the American people to decide. But possibly, you know, subsequent election. KING: Los Angeles, another call for President Carter. Hello.
CALLER: Yes, hello. First of all, I would like to thank you, President Carter, for being such an eloquent spokesperson for justice for the Palestinians. For those of us who have worked and have lived there for so many years and have seen what Israel has done to an occupied people, I know you advocated two-state solution. But do you really think that that is possible? Do you think we'd be better off with just a one-state, democratic, secular state?
CARTER: I cover that in my book, by the way, as one of the options that Israel has, to incorporate the occupied territories into Israel and have just one state.
I don't think that would work. And I'll tell you why. First of all, the Palestinians, if they were given the right to vote on an equal basis with all the Israelis, they would play a major role in making decisions about the whole country. And with the rapid population growth of the Palestinians, which in Gaza is 4.7 percent a year, one of the highest in the world -- in the foreseeable future, the Palestinians would actually have a majority in that nation.
So I think the only real practical solution is to have two states, side by side, in their own territories, living in harmony and peace. That's, I think, the best and most likely approach.
KING: What are your thoughts on Pope Benedict's pending visit to Turkey? Do you think he can soothe the Muslim anger over the comments about Islam?
CARTER: I believe so. Obviously, he's a good diplomat. Otherwise he wouldn't be pope. And he's a devout man. I think he made a statement obviously in a speech in Germany that brought back -- brought a lot of misunderstanding and some wrath on him.
But I think it's very courageous of him to go to Turkey. I believe he'll be received politely, with a lot of animosity in the crowds. But it's the right thing for him to do, to go forward with the visit, and I hope that God will bless his visit with peace and maybe some elements of reconciliation between Islam and Christianity.
KING: Do you see any leader in the Mideast who can grab the mantle here and sort of pave the way?
CARTER: Not really at this point. There's not a very strong leader that stands out in a positive way.
The key to the Arab world is probably within the Arab League, where with the leadership of people like Mubarak and King Abdullah of Saudi Arabia and others in the Arab kingdoms, collectively they could be a very positive force. As you remember in 2002, the Arab League's, I think, 23 of the countries voted to recognize Israel's right to exist and live in peace within its legal borders, and subsequently made statements that they would treat Israel exactly as they treated other Arab states. So this is not a hopeless case, but as far as one single leader being a spokesperson, I don't think so. The only exception might be Mahmoud Abbas, the present leader of the PLO and the present president of the Palestinians, who would undoubtedly be the negotiator when and if peace talks begin with Israel in the future.
KING: Some more e-mails in a moment. You're watching LARRY KING LIVE. We're talking with President Jimmy Carter about his book, "Palestine: Peace, Not Apartheid."
Anderson Cooper will be -- we've just spoke of Turkey and Istanbul and a visit of the pope. Anderson Cooper will be there all week long, and he's there tonight. Anderson, what's the set up?
ANDERSON COOPER, CNN ANCHOR: Larry, good evening. Good morning from Istanbul. We are just a few hours away from the arrival of Pope Benedict XVI. It is his first visit to Turkey, his first visit to the Muslim world since making those controversial comments about Islam two months ago. We'll hear what the pope has to say upon his arrival. We'll be covering it all at the top of the hour, Larry, on 360.
KING: Thanks. That's AC, he goes where the action is. "ANDERSON COOPER 360" at 10:00 Eastern, 7:00 Pacific.
Up next, more about President Bush, how he's doing not just in Iraq but overall, and what President Carter expects over the next two years. That's next. Don't go away.
(COMMERCIAL BREAK)
(BEGIN VIDEO CLIP)
BUSH: Actually I thought we were going to do fine yesterday. Shows what I know.
UNIDENTIFIED MALE: You said you were surprised, you didn't see it coming. You were disappointed in the outcome. Does that indicate that after six years in the Oval Office, you're out of touch with America for something like this kind of wave to come and you not expect it?
BUSH: I'm an optimistic person. That's what I am. And I -- I knew we were going to lose seats. I just didn't know how many.
(END VIDEO CLIP)
KING: Where does he go from here, President Carter?
CARTER: Well, I think he can still have a very fruitful two years that's coming up. There are a lot of things that he's done with which I don't agree, but, you know, for instance, the very difficult issue of immigration. I basically approve and agree completely with his endorsement of the Senate bill. On international trade, particularly dealing with Latin American countries, I think that what he's done has been very courageous, and I hope the Democratic Congress will give him some support. And I think he's receptive, from what I hear, to assessing at least the recommendations of the committee on what to do in Iraq next. And he's looking also to get recommendations from his own military.
So I don't think there's any doubt that in the last two years of his term, he could have a very successful administration.
KING: We have an e-mail question from Warren in Bucharest, Romania. Will people in your administration afraid to disagree with you and your policies?
Good question.
CARTER: I had more disagreements than I did agreements, even among my closest advisers. For instance, when I decided to go to Camp David to negotiate between Israel and Egypt, I would say the majority of the people in my staff and my cabinet said, don't go. And then later, when I went over to Israel to try to bring a peace treaty, the overwhelming majority of folks said, don't go. And there were other things that they spoke out very thoroughly on.
And I encouraged that. As a matter of fact, some criticisms have been written about me, a lot of them, saying that my secretary of state, Cy Vance, and my national security adviser, Brzezinski, didn't get along with each other. But I really welcomed the different points of view that they expressed to me. And I made the ultimate decisions.
But, yes, people really disagreed with me often when I was president.
KING: Doesn't a good president want that?
CARTER: I think so. I've read biographies of almost all the presidents. And I think that was one of the main things that Franklin Roosevelt insisted upon, was different points of view from his cabinet officers. He encouraged that, and quite often he would deliberately orchestrate folks come in to meet with him to give him advice on major issues when he knew that they disagreed strongly.
So I think that's a sign of an open administration that tries to have its ear to the ground on what the different people think, not only in the Washington area, but also around the nation.
KING: We'll take a break. When we come back, some wrap-up questions for President Carter. His book again is "Palestine: Peace Not Apartheid." The publisher is Simon & Schuster. Don't go away.
(COMMERCIAL BREAK)
KING: Let's touch some bases. Does it look to you, President Carter, like it's McCain versus Clinton?
CARTER: Well, if I had to base it on current public opinion polls, I would say yes. Although, I think that in the recent poll I saw Giuliani was ahead of McCain among Republicans. But they would be the most likely ones at this point. KING: Do you think Hillary would make a good president?
CARTER: Well, I think so if she can be elected. And I think she now has the best chance to get the nomination. But as I know from experience myself and looking at Bill Clinton and looking at others down through the ages, two years ahead of time it was impossible to even predict who might be the nominee, particularly of the Democratic Party. The only exception to that in years has been when a vice president, you know, ran for office.
KING: Yes. No one would have picked you...
CARTER: Or Bill Clinton.
KING: ... to be the nominee two years -- or Bill Clinton, right.
Your son Jack lost his Senate bid in Nevada. Was that tough for you?
CARTER: It was in a way, but he did better than anybody thought. He was very proud of the way he performed. He thought it was a wonderful experience for himself. He learned a lot about national and international affairs and about the state of Nevada. He loves that state. So I think he's glad he ran, even though he did come in second.
KING: Former President George H.W. Bush has said on this program the setbacks suffered by his kids, criticism aimed at them affect him much more than when they were aimed at him. Do you feel the same?
CARTER: Well, yes. I do. And of course, I don't really feel that Jack's defeat in the Nevada election was a real setback for his life. It was an unprecedented decision that he made right after Katrina hit and he was disgusted with the government reaction. He ran against a formidable opponent, an incumbent, very attractive and very popular and, as I said, it was a positive experience for him.
So, but, yes, we do suffer because if something happens to one of our kids or grandkids -- and I have a great grandson, by the way, who's two months old and we're proud of him.
KING: What's his name?
CARTER: His name is Henry Louis Carter.
KING: How's Gerald Ford doing?
CARTER: The last time I talked to him he was doing quite well. I stay in touch primarily through his assistants. I don't want to bother him every time I find out how he's doing. But from his assistants, whom I trust, he's getting along much better now than he was a few months ago.
KING: It was touch and go for a while, wasn't it?
CARTER: It was. I think it was more serious when he went into his last hospital stay than people thought. And Betty was sick at that time, too, as you probably know.
KING: Yes.
CARTER: But President Ford is a very resilient person and one of the most wonderful political figures I have ever known in my life.
KING: Yes, your friendship is amazing.
How's your health? How's Rosalynn?
CARTER: Getting along fine. I just was talking to your staff in between the breaks and he asked we me what I do for exercise. I told him I swam in the hotel this morning. I'll do the thing in the morning. We have a swimming pool. We have bicycles. We walk long distances. We take a lot of exercise, and Rosalynn is an expert on nutrition. So we have the best of everything, I think in our life. We've been very lucky.
KING: How old are you now?
CARTER: Eighty-two. I've been married 60 years to the same woman.
KING: And this -- it's been almost, I guess, 25 years since the assassination of Sadat. How do you remember him?
CARTER: He was the best friend I ever had in international circles. I knew about 70 different leaders. He was by far the most outstanding and the closest to me. His wife was close to my wife. Our children were friends. He visited me in Plains (ph). I went to visit his hometown. We were intimate with each other and it was because of his courage and Begin's courage we were able to conclude what I believe is a permanent peace between those ancient enemies.
KING: We only have a minute left. What was his greatness? What made him stand out?
CARTER: His greatness, I think, was personal courage and the ability to see world events, instead of looking at parochial issues. He was willing to sacrifice his own popularity among the entire Arab world and even to endanger, as was later proved, his own life among militants in his own country in order to bring peace to the Middle East. And he always told the truth. He was very generous in making concessions to negotiating periods. Sometimes he would say, no, I won't do what you ask, Mr. President. I'll do more, just to make sure that my friend Menachem Begin is pleased. And when I made the proposals that led to the peace treaty about withdrawing from the Sinai, he was overly aggressive in being generous to the Israeli. So, generous, far-reaching, honest, faithful...
KING: Not bad.
CARTER: ... great.
KING: Thank you, Mr. President. Always great to see you.
CARTER: I enjoyed it, Larry, again.
KING: The book, "Palestine: Peace Not Apartheid." The guest, Jimmy Carter. The publisher, Simon & Schuster. It's a guaranteed -- not many things are guaranteed in life. This is a guaranteed best- seller.
Tomorrow night, Katie Hnida, the girl who place kicked for the University of New Mexico and University of Colorado, and was raped at the University of Colorado, here to tell her story tomorrow night.
Right now let's head to Istanbul, Turkey. Anderson Cooper and "AC 360" -- Anderson.
TO ORDER A VIDEO OF THIS TRANSCRIPT, PLEASE CALL 800-CNN-NEWS OR USE OUR SECURE ONLINE ORDER FORM LOCATED AT www.voxant.com

November 16, 2006

市民連絡会議からの行動提案


みなさまも他のMLなどでご存知とは思いますが、念のためにお送りしておきます。 教育基本法につづいて、次は共謀法のようです。

11月17日(金)の共謀罪法案の単独審議―採決強行の可能性がきわめて濃厚になりました、という連絡も入っています。

以下は、市民連絡会議メルマガの一部です(全部お読みになるときには、一番下のサイトで見てください)。転載歓迎ですので、どうぞお知り合いにもメールしてください

 「1人が3人の仲間を連れて1万人が集まろう!」 

********** ここから転載 ***********************

■行動提案■──────────────


◆11/16東京・ヒューマン・チェーン ─────── 
「ヒューマン・チェーン」(人間の鎖)第2回 
とき:11月16日(木)17:00~ところ:衆議院第2議員会館前集合○東京メトロ有楽町線南北線永田町駅・千代田線丸の内線国会議事 堂前駅http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
  教育基本法改悪は、少年法改悪、憲法改悪や共謀罪新設などと一体のものであり、平和と民主主義を踏みにじり、「戦争国家」に突き進むものです。
  これらの法案を廃案に追い込むために、今こそ、さまざまな分野、立場を超えたすべての力を、国会に結集しましょう!
  1人が3人の仲間を連れて1万人が集まろう!
◇よびかけ団体 教育基本法「改正」反対市民連絡会/子どもと教科書全国ネット 21/子どもの育ちと法制度を考える21世紀市民の会(「子どもと 法・21」)/「子どもたちを大切に…今こそ生かそう教育基本法」全国ネットワーク/許すな!憲法改悪・市民連絡会/共謀罪の新設に反対する市民と表現者の集い実行委員会
◇連絡先 高田 Tel.03-3221-4668/東本 Tel.090-1859-6656 日本消費者連盟 Tel.03-5155-4765


◆11/22東京・院内集会 ──────────────── 
11・22 共謀罪の新設に反対する 市民と表現者の院内集会 明らかになった政府・外務省のウソ ─アメリカは条約批准に共謀罪条項を留保─ http://tochoho.jca.apc.org/evx/event20061122.html ──────────────────────────
とき:11月22日(水)13:00~14:30ところ:衆議院第2議員会館第2会議室
○東京メトロ有楽町線南北線永田町駅・千代田線丸の内線国会議事堂前駅http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
◇お話:海渡雄一さん(弁護士) 
アメリカは共謀罪条項を留保していた ─条約をめぐる政府説明への5つの疑問─
◇発言:国会議員/表現者/市民団体ほか ◇共催 共謀罪法案反対NGO・NPO共同アピール/共謀罪の新設に反対する 市民と表現者の集い実行委員会/共謀罪に反対するネットワーク◇連絡先 アムネスティ・インターナショナル日本:Tel.03-3518-6777 反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC):Tel.03-3568-7709 「創」編集部:mail: mail@tsukuru.co.jp 日本消費者連盟:Tel.03-5155-4765


◆法務委員への働きかけを!────────────── 
こういう時のための<衆議院法務委員会委員の名簿> 
http://www.peace-forum.com/jinken/shu-houmui.htm ────────────────────────── 
与党は、共謀罪については、審議すればするほどボロが出るとみて、審議しないで強行採決に持ち込む可能性が非常に高まっています。 野党委員には「この間の頑張り心強く思います。廃案ために頑張ってほしい」、与党委員には「慎重な審議をすべきであり、強行採決はすべきではありません」など、みなさんの思いを伝えてください。__________________
▽衆議院法務委員会委員の名簿(メール、議員会館Fax、Tel、議員 会館部屋番号、選挙区)は▽ココにあります。
http://www.peace-forum.com/jinken/shu-houmui.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■集会案内■
─────────────────────
◆11/17東京・日弁連院内集会 ───────────── 
「共謀罪」に反対する院内集会 http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/061117_2.html ──────────────────────────
とき:2006年11月17日(金)11:15~12:15ところ: 衆議院第2議員会館第1会議室
○東京メトロ有楽町線南北線永田町駅・千代田線丸の内線国会議事 堂前駅http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

  「共謀罪」新設法案は、先の第164回通常国会において、衆議院法務委員会で付議され、幾度となく強行採決の危機を乗り越えて継続審議となりましたが、今国会においても、審議入り即日強 行採決も予想されるという緊迫した状況が続いております。
  そこで改めて、本法案に対する日本弁護士連合会の主張や問題点等をご理解いただくため、下記の日時に院内集会を開催いたします。
◇入場無料・予約制(参加予約しないと入場できません)
◇主催 日本弁護士連合会(法制部法制2課:Tel.03-3580-9844)
◇参加予約方法 PDFファイルをダウンロードして印刷し、必要事項を記入して、 日弁連法制部法制2課へ、必ずファックスで申し込み 
▽申込用紙(PDFファイル/15kバイト) http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/data/061117_2.pdf 
▽申込先(日弁連法制部法制2課) Fax.03-3580-9920 ◆11/19・東京 『週刊金曜日』

緊急市民集会─────── 
緊急市民集会 ちょっと待った! 教育基本法改悪、共謀罪、憲法改悪 http://www.kinyobi.co.jp/MiscPages/chottomatta_AD ──────────────────────────
とき:11月19日(日)11:00~15:30(10:00開場)ところ:日比谷公会堂(千代田区日比谷公園内)○http://hibiya-kokaido.com/map.html
◇メインキャスター:佐高 信◇出演:内橋 克人/永 六輔/小室等/城山三郎/田中優子/中山 千夏/本多勝一/矢崎泰久/梁石日/石倉直樹(予定)/姜尚中 (予定)ほか
◇参加費:1200円(前売り1000円)
◇主催:『週刊金曜日』Tel.03-3221-8521
◇チケット前売り(全席指定:売り切れ間近) ローソンチケット(全国のローソンで11/16まで発売中)  Tel.0570-084-003(自動音声/申し込みのLコード:37883) チケットぴあ(チケットぴあカウンター、または全国ファミリー  マート11/16まで発売中)  Tel.0570-02-9999(自動音声/申し込みのPコード:608-191)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■国会情勢■
──────────────────────────────
◆臨時国会終了まで、あと5週間 ───────── 
気を引き締め、共謀罪反対の運動を進めよう! ───────────────────────

◇見通し不透明な法務委員会審議─────

14日(火)午前10時から衆議院法務委員会が開かれ、信託法と関連法の採決がおこなわれました。法務委員会は15日(水)も開かれ、一般質疑が行われますが、法案の審議はありません。現在、同委員会で審議待ちとなっている法案は、共謀罪等新設法案と少年法改悪案のみですが、次にどちらの法案が先議されるかはきまっていません。与野党の間で、次にどちらの法案を審議するかをめぐって激しい攻防が繰り広げられているためです。

◇教基法強行採決から共謀罪採決への動きも─────

与党は、特に自民党は共謀罪等新設法案を今国会で審議入りし、衆議院で採決をできなければ、参議院選挙をひかえ来年の通常国会では、同法案の成立は困難と考えています。そのために、この間の審議で問題点が次々に明らかになり、ボロボロになった同法案は、審議入りと同じ日に可決する以外ないと考えています。そこで、法務の共謀罪推進派は、与党の教育基本法改悪案の強行採決の動きにのって、一挙に法務委員会採決から本会議採決へと突き進もうとしているのです。


◇政局の緊張状態はさらに増している─────

国会情勢は、19日の沖縄知事選をにらみ、教育基本法改悪法案、防衛庁の省昇格法案、外務大臣の罷免問題などをめぐって緊迫した過程にはいっています。今週(12日の週)から来週にかけて共謀罪をめぐる攻防がかつてない激しさを迎えることは疑いありません。
気を引き締め、油断することなく、共謀罪反対・廃案の運動をおしすすめましょう。臨時国会終了迄あと5週間、頑張りましょう。 (11月14日午後10時)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼定期購読の申込みはこちらからhttp://www.mag2.com/m/0000207996.html
┏━━━━┓
このメルマガと市民連絡会について
┗━━━━┛
「盗聴法(組織的犯罪対策法)に反対する市民連絡会」は盗聴法反対運動のなかから広範な市民運動の連携を目指して結成されました。現在重点的に共謀罪反対運動に取り組んでいます。
▼市民連絡会ホームページhttp://tochoho.jca.apc.org/
▼メルマガ編集担当 小倉利丸
──────────────────────
各地での共謀罪反対の集会やイベントなどの情報をお寄せください。このメルマガへのお問い合わせ、ご感想などを含めて、ご連絡は下記へお願いします。
▼このメルマガの連絡先mlmag-kyoubou@alt-movements.org

市民連絡会議からの行動提案

みなさまも他のMLなどでご存知とは思いますが、念のためにお送りしておきます。

教育基本法につづいて、次は共謀法のようです。11月17日(金)の共謀罪法案の単独審議―採決強行の可能性がきわめて濃厚になりました、という連絡も入っています。

以下は、市民連絡会議メルマガの一部です(全部お読みになるときには、一番下のサイトで見てください)。転載歓迎ですので、どうぞお知り合いにもメールしてください

 「1人が3人の仲間を連れて1万人が集まろう!」 

********** ここから転載 ***********************

■行動提案■──────────────

◆11/16東京・ヒューマン・チェーン ─────── 

「ヒューマン・チェーン」(人間の鎖)第2回 

とき:11月16日(木)17:00~ところ:衆議院第2議員会館前集合○東京メトロ有楽町線南北線永田町駅・千代田線丸の内線国会議事 堂前駅http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm


  教育基本法改悪は、少年法改悪、憲法改悪や共謀罪新設などと一体のものであり、平和と民主主義を踏みにじり、「戦争国家」に突き進むものです。

  これらの法案を廃案に追い込むために、今こそ、さまざまな分野、立場を超えたすべての力を、国会に結集しましょう!

  1人が3人の仲間を連れて1万人が集まろう!


◇よびかけ団体 教育基本法「改正」反対市民連絡会/子どもと教科書全国ネット 21/子どもの育ちと法制度を考える21世紀市民の会(「子どもと 法・21」)/「子どもたちを大切に…今こそ生かそう教育基本法」全国ネットワーク/許すな!憲法改悪・市民連絡会/共謀罪の新設に反対する市民と表現者の集い実行委員会

◇連絡先 高田 Tel.03-3221-4668/東本 Tel.090-1859-6656 日本消費者連盟 Tel.03-5155-4765


◆11/22東京・院内集会 ──────────────── 

11・22 共謀罪の新設に反対する 市民と表現者の院内集会 明らかになった政府・外務省のウソ ─アメリカは条約批准に共謀罪条項を留保─ http://tochoho.jca.apc.org/evx/event20061122.html ──────────────────────────

とき:11月22日(水)13:00~14:30ところ:衆議院第2議員会館第2会議室

○東京メトロ有楽町線南北線永田町駅・千代田線丸の内線国会議事堂前駅http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm

◇お話:海渡雄一さん(弁護士) 

アメリカは共謀罪条項を留保していた ─条約をめぐる政府説明への5つの疑問─

◇発言:国会議員/表現者/市民団体ほか
◇共催 共謀罪法案反対NGO・NPO共同アピール/共謀罪の新設に反対する 市民と表現者の集い実行委員会/共謀罪に反対するネットワーク◇連絡先 アムネスティ・インターナショナル日本:Tel.03-3518-6777 反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC):Tel.03-3568-7709 「創」編集部:mail: mail@tsukuru.co.jp 日本消費者連盟:Tel.03-5155-4765


◆法務委員への働きかけを!────────────── 

こういう時のための<衆議院法務委員会委員の名簿> 

http://www.peace-forum.com/jinken/shu-houmui.htm ────────────────────────── 

与党は、共謀罪については、審議すればするほどボロが出るとみて、審議しないで強行採決に持ち込む可能性が非常に高まっています。 野党委員には「この間の頑張り心強く思います。廃案ために頑張ってほしい」、与党委員には「慎重な審議をすべきであり、強行採決はすべきではありません」など、みなさんの思いを伝えてください。__________________

▽衆議院法務委員会委員の名簿(メール、議員会館Fax、Tel、議員 会館部屋番号、選挙区)は▽ココにあります。

http://www.peace-forum.com/jinken/shu-houmui.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■集会案内■

─────────────────────

◆11/17東京・日弁連院内集会 ───────────── 

「共謀罪」に反対する院内集会 http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/061117_2.html ──────────────────────────

とき:2006年11月17日(金)11:15~12:15ところ: 衆議院第2議員会館第1会議室

○東京メトロ有楽町線南北線永田町駅・千代田線丸の内線国会議事 堂前駅http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
  「共謀罪」新設法案は、先の第164回通常国会において、衆議院法務委員会で付議され、幾度となく強行採決の危機を乗り越えて継続審議となりましたが、今国会においても、審議入り即日強 行採決も予想されるという緊迫した状況が続いております。

  そこで改めて、本法案に対する日本弁護士連合会の主張や問題点等をご理解いただくため、下記の日時に院内集会を開催いたします。


◇入場無料・予約制(参加予約しないと入場できません)

◇主催 日本弁護士連合会(法制部法制2課:Tel.03-3580-9844)

◇参加予約方法 PDFファイルをダウンロードして印刷し、必要事項を記入して、 日弁連法制部法制2課へ、必ずファックスで申し込み 

▽申込用紙(PDFファイル/15kバイト) http://www.nichibenren.or.jp/ja/event/data/061117_2.pdf 

▽申込先(日弁連法制部法制2課) Fax.03-3580-9920
◆11/19・東京 『週刊金曜日』緊急市民集会─────── 

緊急市民集会 ちょっと待った! 教育基本法改悪、共謀罪、憲法改悪 http://www.kinyobi.co.jp/MiscPages/chottomatta_AD ──────────────────────────

とき:11月19日(日)11:00~15:30(10:00開場)ところ:日比谷公会堂(千代田区日比谷公園内)○http://hibiya-kokaido.com/map.html

◇メインキャスター:佐高 信◇出演:内橋 克人/永 六輔/小室等/城山三郎/田中優子/中山 千夏/本多勝一/矢崎泰久/梁石日/石倉直樹(予定)/姜尚中 (予定)ほか

◇参加費:1200円(前売り1000円)

◇主催:『週刊金曜日』Tel.03-3221-8521


◇チケット前売り(全席指定:売り切れ間近) ローソンチケット(全国のローソンで11/16まで発売中)  Tel.0570-084-003(自動音声/申し込みのLコード:37883) チケットぴあ(チケットぴあカウンター、または全国ファミリー  マート11/16まで発売中)  Tel.0570-02-9999(自動音声/申し込みのPコード:608-191)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■国会情勢■

──────────────────────────────

◆臨時国会終了まで、あと5週間 ───────── 

気を引き締め、共謀罪反対の運動を進めよう! ───────────────────────
◇見通し不透明な法務委員会審議─────
14日(火)午前10時から衆議院法務委員会が開かれ、信託法と関連法の採決がおこなわれました。法務委員会は15日(水)も開かれ、一般質疑が行われますが、法案の審議はありません。現在、同委員会で審議待ちとなっている法案は、共謀罪等新設法案と少年法改悪案のみですが、次にどちらの法案が先議されるかはきまっていません。与野党の間で、次にどちらの法案を審議するかをめぐって激しい攻防が繰り広げられているためです。


◇教基法強行採決から共謀罪採決への動きも─────
与党は、特に自民党は共謀罪等新設法案を今国会で審議入りし、衆議院で採決をできなければ、参議院選挙をひかえ来年の通常国会では、同法案の成立は困難と考えています。そのために、この間の審議で問題点が次々に明らかになり、ボロボロになった同法案は、審議入りと同じ日に可決する以外ないと考えています。そこで、法務の共謀罪推進派は、与党の教育基本法改悪案の強行採決の動きにのって、一挙に法務委員会採決から本会議採決へと突き進もうとしているのです。


◇政局の緊張状態はさらに増している─────
国会情勢は、19日の沖縄知事選をにらみ、教育基本法改悪法案、防衛庁の省昇格法案、外務大臣の罷免問題などをめぐって緊迫した過程にはいっています。今週(12日の週)から来週にかけて共謀罪をめぐる攻防がかつてない激しさを迎えることは疑いありません。


気を引き締め、油断することなく、共謀罪反対・廃案の運動をおしすすめましょう。臨時国会終了迄あと5週間、頑張りましょう。
(11月14日午後10時)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼定期購読の申込みはこちらからhttp://www.mag2.com/m/0000207996.html

┏━━━━┓

このメルマガと市民連絡会について

┗━━━━┛

「盗聴法(組織的犯罪対策法)に反対する市民連絡会」は盗聴法反対運動のなかから広範な市民運動の連携を目指して結成されました。現在重点的に共謀罪反対運動に取り組んでいます。

▼市民連絡会ホームページhttp://tochoho.jca.apc.org/

▼メルマガ編集担当 小倉利丸

──────────────────────

各地での共謀罪反対の集会やイベントなどの情報をお寄せください。このメルマガへのお問い合わせ、ご感想などを含めて、ご連絡は下記へお願いします。

▼このメルマガの連絡先mlmag-kyoubou@alt-movements.org


July 17, 2006

東京女子大で「OUT OF PLACE」上映会

映画「OUT OF PLACE 」を東京女子大で上映会していだだけることになりました。もうあまり日にちがありませんが、なんと「入場料はただ!!」です。この機会にぜひごらんになってください。わたしも、書籍にまとめたインタビューについて、すこしお話する予定です

****************** 松沢さんのメールから転載 *******************
 「エドワード・サイード OUT OF PLACE」 上映会を下記の通り行います。  
 
日時  7月21日 18:10~            
上映後に、サイードの自伝を翻訳した映画制作にも関わった
      中野真紀子さんのトークがあります。 
           
その後で、懇親会も開く予定です。ぜひ、どうぞご参加を!!    
   
場所  東京女子大学NO.2101(2号館一階)           
交通:西荻窪から吉祥寺行きバス、または吉祥寺から西荻窪行きバス 女子大前下車
料金 無料!! 
学外者もむろんOK、歓迎します!!        

もし何か分からないことがあったら、正門の門衛さんに聞いてください。
連絡先 松沢哲成 E-mail:tessei@alb.twcu.ac.jp  
または東京女子大学・後藤和子 ℡:03-5382-6273       

May 20, 2006

パレスチナカフェ・イベント情報 (暫時追加)

パレスチナカフェのイヴェント、気がついたものから順次 はりつけています

*****************************************
ヒロシマでの計画が最終的に確定しました。

6月19日 19時 平和公園内、平和記念資料館東館・地下会議室
ロンドンイスラム政治思想研究所所長:アザーム・タミーミー氏「パレスチナからヒロシマへ」 
ハマースの勝利、ハマース政府の今後の行方、経済制裁下での人々の生活 など、
ヒロシマではパレスチナの方から直接お話が聞ける稀な機会です。

6月23日 17時 広島大学総合科学部K210古居みずえさんのお話を聞く
<課外授業>なぜ,パレスチナに関わるのか、ジャーナリストという仕事、ドキュメンタリーの可能性
若い学生たちに、古居さんの生き方がどう響くか、とても楽しみにしています。パレスチナは私たちの外にあるんじゃない、わたしたちの問題そのものだと議論できれば嬉しいです。
19時からは、交流会となります。
呼びかけ人:広大教員 吉村慎太郎、古東哲明、布川弘さんなど

6月24日 13時 東広島市中央公民館小ホール 
ドキュメンタリー『ガーダ パレスチナの詩』上映会 古居みずえ監督のトーク 15:45より

6月25日 13時 平和公園内、平和記念資料館東館・地下会議室 
ドキュメンタリー『ガーダ パレスチナの詩』上映会 古居みずえ監督のトークと宇野昌樹(広島市立大)さんの対談 15:30より

**************************************************
6月11日(日)マルハバ・パレスチナ at カフェスロー
主催JAPAC
プログラム
第一部
・13時 映画「」ジェニン ジェニン上映
第二部
・15時30分 リレートーク:長沼恭佳・重信メイ・高坂和彦談論
・展示(バラータ・キャンプの子供たちの絵)など
参加費:1000円(1ドリンクつき)
カフェスロー 府中市栄町1-20-17
℡:042-314-2833
京王線府中駅から国分寺駅南口行きバス京王ストア栄町下車、道なり15m先右側
JR国分寺駅南口から府中駅行きバス藤塚下車   




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 <5/23> マルハバ! パレスチナ・カフェ@JVC 第1弾
  ~ 刺繍からみえるパレスチナ女性の暮らしと文化 ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パレスチナには、女性たちが自分たちのドレスに施してきた、美しい
刺繍の伝統があるのをご存知ですか? 小麦、ブドウ、オリーブなど
自然をモチーフにした模様や、地域ごとに違う糸の色使いやパターン
など、刺繍を通して豊かな文化が培われてきました。JVCでは、2003年
からベツレヘムのベイトジブリン難民キャンプの女性たちの刺繍活動を
支援してきました。今回は、刺繍を通して見えてくるパレスチナの風土
や文化、そして難民となった女性たちの歴史と現在の暮らしを、JVC
パレスチナ現地調整員の藤屋リカがドレスや現地の写真などをお見せ
しながらじっくり解説します。軽いパレスチナのお食事とアラビック
コーヒーをいただきながらのトーク企画です。ぜひお越しください!

【日 時】2006年5月23日(火)開場19:00 19:30~21:30
【場 所】日本国際ボランティアセンター(JVC)2階会議室
     東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル
【講 師】藤屋リカ (JVCパレスチナ事業・現地調整員)
【参加費】1000円(軽食・コーヒー付き)(JVC会員500円)
【定 員】25名
【申込み】Eメール:saudade@... (担当:田村)
     TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519
【主 催】日本国際ボランティアセンター(JVC)
 台東区東上野1-20-6丸幸ビル6F 
URL: http://www.ngo-jvc.net/

★女性たちの刺繍の記事などは以下の緊急栄養支援を開始しました
└------------------------

*************************************************
パレスチナカフェ  in 羽生  
今、パレスチナは 強力な後ろ盾もなく、かつてのヨーロッパでの「被害者」であるユダヤ人 が、パレスチナの大地にやって来て、パレスチナ人に対する「加害者」になる という、これまで人間が経験したことのない困難な状況をパレスチナの民衆は 活きています。 西欧「帝国主義」の矛盾を、いわれもなく覆い被されて暮らしているパレス チナの民衆の日常を、忙しい日々ですが、ふっと時間を作って考えてみません か。 講演会などと構えたものではなく、自由に、ゆったりとした時間の中で、世 界が早急に解決をつなければならない問題を、わたしども日本人がどう考えれ ばいいのか、互いに語り合いましょう。 アルメニアの、アイルランドの、そしてパレスチナの民衆と、どこかで繋が っていたいのです、わたしどもは。  パレスチナの今に関しての専門家も、語り合いの一員として参加されます。 

とき:6月4日(日)午後12時30分~5時 
ところ:埼玉県羽生市桑崎1331-2      
日本キリスト教団羽生伝道所     
電話 : 048-561-7612     
参加費:500円     オリーブの葉を利用して紙すきをします。材料費です。


報告: 埼玉の最北の地、羽生にてパレスチナカフェを開催しました。都心部からは交通の便も悪い、寂しい町ですが、30名近い方々のご参加で盛況 に終わりました。オリーブの葉を使っての紙漉作業を通して、パレスチナに思いを寄せて頂けれ ばと願って開催しました。紙漉は中野真紀子さんのご指導で、大成功で、最高年齢93歳から2歳のお子さ んまで、自然に囲まれた戸外での紙漉を楽しんで行いました。皆さん、御自分で作られた作品を画板に貼り付けてお持ち帰り頂きました。作業の後は、パレスチナ料理や、お隣の加須市の無農薬農家の方が差し入れて くださった謎のお酒で、楽しくおしゃべりをして、更に、参加してくれた藤田 進さん(東京外語大・アラブ史)のお話を聞いたり、予定の時間を超えて有意 義な時間を過ごせました。来年も引き続き、カフェを実現させて行こうと考えています。

私どもは、長らく、ガザにあるパレスチナ人による唯一の病院「アハリー・ア ラブ病院」を支援しています。今回、「アハリー・アラブ病院通信」の最新号が出来ました。ガザからの、パレスチナ人による直接の報告が掲載されています。病院へのカンパをお願いするために無料で配布しております。もし、どこかで配布してくださる方、お読みになりたい方がおられましたら、 ご連絡ください。お送りします。これから、各地で行われるカフェも成功することを願っています。
羽生伝道所/アハリー・アラブ病院を支援する会 星山京子


===================================


シビックアクション千葉では、これまでもパレスチナをテーマにした取り組みを
重ねてきました。2002年11月にはパレスチナとイスラエルの子どもたちの
交流を捉えたドキュメンタリー映画「プロミス」の上映会。2004年11月には
「森沢典子さん講演会~パレスチナから見えるもの」・・・。

そして、この度、私たちはさらに混迷するパレスチナ情勢を受けて、有志に呼び
掛け、「パレスチナへのまなざし」(主催:実行委員会)と題するイベントを開催
する運びとなりました。

このかん、イスラエルはガザ地区からの対話なき「撤退」の一方で、国際的な
非難をよそに占領地を固定化する「分離壁」の建設を続けています。ハマスは
正当な選挙によりパレスチナ評議会での多数派に躍り出ました。イスラエル
の総選挙では新党カディマが躍進を見せています。そして「難民に対する経済
制裁」とまでいわれる欧米諸国によるハマス政権下のパレスチナへの支援打
ち切りが断行されました。

こうしたなかで私たちは、今起きていることの源流をたどり、現地に暮す人々
の様子に目を向けることを通して、パレスチナ問題の理解につながる糸口を
見出していきたいと考え、再び森沢典子さんを迎えてお話を伺おうと考えました。

つねにパレスチナの人々に寄り添い、高見から状況を語ることをしない森沢
さんは、かつてハマスの幹部に会い、対イスラエル武装闘争への率直な疑問
を直接投げ掛けたことがあるそうです。そんな森沢さんが現状にどんな思いを
抱くのか・・・?きっと、有意義なお話が伺えるものと思います。
また、今回の講演会では、広河隆一さんの膨大なパレスチナ映像をもとに現
在製作中の長編ドキュメンタリー映画から特別に一部を上映することが許され
ました。大変貴重な映像です。是非、この機会にご覧下さい。

講演会に先立って開催される広河隆一さんの写真展とあわせて、皆様のご来
場をお待ちいたしております。

◎◎●━━━━━━
◎● パレスチナへのまなざし
     ━━━━━━━━━★

広河隆一パレスチナ写真展(無料)
会場●千葉市女性センター・展示コーナー
日時●5月26日(金)11時~20時
     27日(土)10時~19時
     28日(日)10時~14時

森沢典子さん講演会
会場●千葉市女性センター・ホール
日時●5月28日(日)13:30~
入場カンパ●一般・1000円 学生・500円

主催●「パレスチナへのまなざし」実行委員会
開催呼び掛け●シビックアクション千葉
後援●千葉市教育委員会

=====================================




5月14日(日)19:00開演『平和への祈りをこめて(アラブ、イラン、アフガン
の唄と音楽)』●出演:佐藤圭一(oud,rubab)慶九(vocal)やぎちさと(perc.)、
●場所:キッド・アイラック・アートホール(明大前駅)
●入場料2.500円、ワンドリンク付き●予約03-3322-5564

5月15日(月)『詩の夕べ--ナタリーとファドア』(ファドワ・トゥッカーン)
5月16日(火)『パレスチナ・ヒップホップ・CDコンサート』
5月17日(水)『Olive Project KEEP HOPE ALIVE 映像作品上映』
●いずれも会場はキッド・アイラック・アートホール(明大前駅)、20:00開始

5月16日(火)19:00-23:00●場所:交流イベントスペースあかね(地下鉄東西線早稲
田駅下車、徒歩3分●料金:無料(チャージ200円、他飲み物・食べ物等注文と交通
費等のカンパ。●講師:皆川万葉さん「パレスチナ・オリーブ」代表
●内容:ワークショップ『マルハバ・パレスチナ!──パレスチナを知ろう!』

報告:パレスチナ・オリーブの皆川万葉さんをお迎えしての「あかね」でのイベントは、パレスチナ支援を今後していきたいという早稲田の学生さんたちのグループ参加もあり、大変盛況に終わりました。宣伝にご協力いただいたことに感謝いたします。そして今後とも「あかね」をよろしくお願いいたします。あかねのホームページは以下です。http://akane.e-city.tv/

5月23日(火)19:30-21:30●場所:日本国際ボランティアセンター(JVC)
2階会議室(台東区東上野1-20-6丸幸ビル)●講師:藤屋リカ(JVCパレスチナ
現地調整員)●参加費:1000円(軽食・コーヒー付き・JVC会員500円)
☆パレスチナ・カフェ『刺繍からみえるパレスチナ女性の暮らしと文化』
(TEL 03-3834-2388 saudade@...)

5月28日(日)13:30-15:30●場所:日本国際ボランティアセンター(JVC)
2階会議室(台東区東上野1-20-6丸幸ビル)●参加費 お茶代500円
●主催:JVCパレスチナボランティアチーム●内容:ディスカッション
☆パレスチナ・カフェ『みんなで話そう!これからのパレスチナ支援』
(TEL 03-3834-2388 saudade@...)

6月4日(日)14:00-17:00●場所:上の原会館(小金井市本町5-6-19)
TEL:042-381-9911(武蔵小金井駅北口下車徒歩7分)
●内容:ビデオ「プロミス」上映と討論 ●参加費:お茶代500円
●企画団体:小金井平和ネット ●連絡先:土井利彦
(tel 070-5592-6791、toshihiko@...)

パレスチナカフェin小金井の報告:
6・4パレスチナカフェin小金井を開催しました。この企画は、地域の平和運動グループ「小金井平和ネット」が主催しました。この団体は、2001・9・11を契機に、地域から平和を考え、行動していくグループとして発足しました。これまで、アフガン、イラクの戦争について、日本での住基ネット問題について、などなど少しずつ議論を行い、集会やデモなどにも参加してきました。今回は、市内の会員を中心に10数名が参加して、コーヒー、紅茶、手づくりクッキーなどを味わいながら、ビデオ「プロミス」を鑑賞し、夕方5時までパレスチナの子どもたちについて、パレスチナの将来について、などなど、話が弾みました。中には、遠くから参加してくださった方もいました。これを機会に、小規模でも身近なところで、こうした会合を頻繁に行いたいと考えています。もちろん、来年も是非開催したいと思います。

6月11日(日)13:00-
●場所:府中カフェスロー、●内容:ビデオの上映・お話(長沼恭佳、重信メイな
ど)●参加費:1000円(ワンドリンク付き)

『ようこそ・パレスチナ』 コリン・コバヤシ

昨年6月、CCIPPP(Compagne Civile Internationale pour la Protection du People Paletinien = パレスチナ民衆保護のための国際市民派遣団キャンペーン)のコーディネーターたちと派遣団に参加した有志が集まって、一ヶ月、毎日一晩の<パレスチナ・カフェ>を行なう企画を実行しました。それは、イスラエルが様々な手段を講じて、パリで、イスラエル映画祭や、「イスラエルを知ろう」という名のキャンペーンを特定の書店と協力して企画したことに対抗するために始まったのです。それなら、私たちは、30日間、毎晩異なったカフェ(喫茶店)で、パレスチナにまつわる様々な文化的催しをしようではないか、と。 

昨年は、様々なジャーナリスト、知識人、研究者、文学者や、俳優、詩人、ヒップ=ホップやジャズのミュージシャンなどが、ボランティアで参加しました。ミニ講演、ミニ上映会、ミニ演劇、ミニ朗読会、ミニ・コンサートなどが2-30人から7-80人規模のカフェで行われたのです。ダルウィッシュの詩やジュネ、サィードの文章の朗読があったり、自作の詩を披露する詩人や作家もいました。また真剣にパレスチナの状況を語り合ったり、ロニー・ブローマン(前「国境のない医師団」会長)、ミッシェル・ワルシャウスキー(エルサレムのオルタナティヴ情報センター主宰者)、ドミニック・ヴィダル(『ル・モンド・ディプロマティック』記者)、ドニ・シフェール(週刊紙『ポリティス』編集長)、エリアス・サンバール(パリ在住のパレスチナ歴史家)など著名な専門家達と討論をかわす夕べもあり、その他、コンサート、ラップ、演劇など盛りだくさんでした。 私は組織委員会に要請されて、18区のカフェで催しました。広河隆一さんのパレスチナの写真展と雑誌『DaysJapan』のパレスチナ特集の紹介、日本のパレスチナ支援運動の状況、また私のヴィデオ作品の上映を行いました。

 その夕べは、パレスチナ音楽から始まり、最後はパレスチナ料理のサーヴィスまであり、カフェの常連含め、50人ほどの方々が真夜中の2時頃まで楽しく語りあいました。今年は、この試みを全世界の都市に呼びかけようと、パリの<マルハバ・パレスティーン>(『マルハバ』はアラビア語で「ようこそ」の意)連絡委員会は世界に向けてこの企画のアピールを発しました。委員会には、今までの117回に及ぶ市民派遣団に参加した様々な個人が多く参加していますし、他の支援組織の方やフランス在住のパレスチナ人も参加している緩やかな集団です。:http://marhabapalestine.free.fr/ (仏・英・スペイン語) 

 むろん、フランスには伝統的なカフェ文化があり、オープン・カフェが多く、近年フランスで流行の文学カフェ、哲学カフェもそれらに裏打ちされたものです。また多様なNPOの会合も、しばしばカフェが利用されます。フランスにおいては、パレスチナ支援者は、アラブ系住民が多いため、数も多く、当然大きな動員も可能となります。 しかし日本においても、大動員は不可能でも、パレスチナに思いを馳せることは不可能なことでないと思います。60年代には東京でも、風月堂、歌声喫茶<どん底>、クラシック喫茶<らんぶる>といった様々な個性的なカフェが多くの若者達を引きつけ、討論の場として利用されました。萎縮している日本の公共空間を広げ、より多くの方々がパレスチナ問題を文化の収奪の問題として普遍的な観点から考えるためにも、この試みは人々の心に届くかもしれません。

 今日、パレスチナの状況が以前にも増してたいへん苛酷であるのは、皆さんご存知のごとくです。ハーグ国際裁判所の勧告にもかかわらず、西岸の壁建設は継続され、土地は分断されて領土的観点から独立国家になり得ない現実を浮き彫りにしています。西岸の植民地化はパレスチナ人との交渉なしに、イスラエルによって一方的に進められ、また占領地からの一方的撤退後のガザの完全封鎖は、ガザ住民を違法な占領状態からの解放ではなく陸の孤島のような幽閉状態に陥れています。また四散して難民化したパレスチナ人たちは帰還権も得ぬまま貧困と抑圧状態の下で放置されています。状況が一向に改善されない結果として、ハマス政権が出現しました。そして米国もEUも支援金の中止決定をしましたが、それはパレスチナ民衆にとって二重の桎梏を意味します。

 現地では、この不法な占領下でも、毎日の暮らしを何とか生きているパレスチナの人々がいます。オリーヴ畑を手入れに行く農民の日々の暮らしがあります。子供を学校に送り、イスラエル軍や植民者から身を守り、野菜の栽培や、オリーヴの生産のために、無数のチェック・ポイントで何時間も待ち、あるいは迂回して数十キロを歩いて通う農民、市民や家族を支える女性たち、苦難にもかかわらず笑顔を持ち続ける子供たちがいます。大切なのは、戦争以前に、そこに人々の暮らしの営みが営々と続いているという現実を知ることです。そしてその営みが不断に抑圧され、分断されているという耐え難い事実を知ること。そのようなパレスチナ民衆の暮らしや生活を尊重し、そこに思いを馳せること、そこから根本的な理解や連帯が始まるのではないでしょうか。そして連帯の証しとして、世界が彼らを見捨てていないことを示すささやかな試みが、パレスチナ・カフェ「ようこそパレスチナ」を仲介の場として、実践されるのです。 日本の各地でのささやかな私たちの連帯行動が、パレスチナと世界の民衆をつなぎ、そこに希望の灯をともすことになるのを夢見て、皆さんが何らかの形で「ようこそパレスチナ」を各地で各人の可能なやり方で参加してくださることを期待します。 参加を希望される団体、個人の方々は、『マルハバ-パレスチナ日本連絡会議』にご連絡下さい。連絡先:owner-marhaba-p@freeml.com




??

May 12, 2006

JVCパレスチナ事業、緊急食糧支援のお願い

いつも大変お世話になっております。下記の通り緊急食糧支援を
パレスチナで開始いたします。ぜひご協力ください。

藤屋リカ・田村祐子(JVCパレスチナ事業)

■■■ JVCパレスチナ事業プレスリリース 2006年5月2日■■■■
ガザの経済危機に伴う子どもの栄養状態悪化に対する緊急対応
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

パレスチナでは、ハマス政権発足に伴い、イスラエルが代理徴収する
関税の自治政府への送金を凍結し、米国とEUも自治政府への直接支援
停止を決定するなどしています。このため3月以降、パレスチナ自治
政府職員の給料は支払われておらず、すでに壊滅状況にあったパレス
チナ住民の経済状況はさらに悪化しています。

またガザ地区では、今年の1月からのイスラエルによる物流検問所の
封鎖が続いています。物資の不足により物価は高騰し、小麦、砂糖、
米等、輸入に頼っている食糧の価格が著しく上昇しました。

JVCではガザ地区の幼稚園において栄養改善支援を行っていますが、
支援している幼稚園では、特に2月以降に月謝が払えない子どもが
増えています。また、現在、朝食を取ってから幼稚園に来る子どもは
全体の約1割しかおらず、幼稚園に食料援助を頼みに来る親もいる状況
です。

この事態を受け、JVCではガザ地区において、現地で子ども達の栄養改善
に取り組むNGOと協力し、以下の通り緊急的な栄養支援を行うことに
なりました。ぜひご支援のほど、ご協力お願い申し上げます。

------------------------------------------------------------------
◆募金の振込先:郵便振込口座(名義:JVC東京事務所)00190-9-27495◆
------------------------------------------------------------------
     <<ガザ地区栄養失調児への栄養支援 概要>>

【内容】栄養失調児と母親に対する栄養食の提供および栄養指導
【期間】3ヶ月 (2006年5~7月)
【対象地域】パレスチナ・ガザ地区
【対象者】子どもの栄養を専門とするNGO「人間の大地」のセンターに来る
  栄養失調児と母親1日約50人、1ヶ月延1,250人

子ども達の栄養改善に取り組む現地NGO「人間の大地」のセンターでは、
特に4月以降来所者が増えている。ほとんど全員、朝食を取れずに来所
しているので、栄養失調児だけでなく、同伴している母親や兄弟にも
食事を出す必要が出ている。対象者の増加により、センターでは十分な
食材の予算が不足している。JVCは、センターで提供する栄養食を支援
すると同時に、母親たちに安い食材で栄養価の高い食事を作れるよう指導
できる職員や、母子が来所できるよう交通費の補助も合わせて支援する。

【支援の内訳】
◎食材 50人分 (野菜、果物、肉、植物油、乾燥ナツメヤシ)
 食材は、物流封鎖に影響されるものは基本的には用いず、ガザ内で
 調達できる季節の安価な野菜と果物を中心とする。
◎保健・栄養指導員の人件費
◎母子が栄養センターに通うための交通費

【支援総額】4000ドル (約46万円相当)


<参考資料>
物価の高騰(昨年の同時期との比較)
砂糖(1kg)  2NIS → 6NIS
粉 (50kg)   70NIS → 130NIS
米 (1kg)    2-3NIS → 5NIS
ひよこ豆(1kg) 4NIS → 6NIS
油(1L)     5NIS → 8NIS
牛肉(1kg) 32NIS → 40-45NIS
ガス(小タンク) 35NIS → 47NIS

http://www.ngo-jvc.net/

--

May 09, 2006

「野戦之月海筆子」公演のお知らせ

久しぶりの日本公演です。台湾で現地の演劇人とのコラボレーションで上演された芝居の日本版。

「野草天堂 海峡と毒薬」(桜井大造作・演出)
--人びとは放棄し蜂起する。それは事実だ。

6月1日(木)・2日(金)・3日(土)・4日(日)・5日(月)
午後7時30分開演
東京八幡山特設テント(京王線八幡山駅徒歩5分)
料金:2000円~3000円(希望額をお支払い下さい)
チケット取り扱い:新宿模索舎 03-3352-3557
問合せ(プーロ舎) 042-577-9966
当日問合せ 090-7809-6049
http://www.yasennotsuki.com/

            *
この芝居は今年2月に台湾で上演された『野草天堂・スクリーンメモリー』と対を成すものだ。『スクリーンメモリー』は台北市近郊にある「楽生療養院」と台北市の中央にある国家戯劇院(台湾の国立劇場)の2カ所で行われた。「楽生院」は日本植民地時代の1930年に、日本政府によって設立されたハンセン病の隔離施設である。小高い丘に百棟余りの医療施設、療養者住居、福利施設、納骨堂などが散在しており、現在は隣接した新病院への移住者も含めて300人弱の療養者が暮らす。この数年、地下鉄工事のために「楽生院」の解体を迫る台湾政府・台北市政府に対する療養者の抵抗運動が続いている。すでに半分ほどの建物は解体され、丘陵も両側から削り取られている。

私たちが上演した場所は「中山(孫文)堂」という集会所の中である。隣に笹川良一が寄贈した「笹川紀念館」、すぐ真向かいの旧病院の長い廊下をたどれば貞明皇太后(昭和天皇の母)が恩賜した「消毒室」に行きあたる。日本人の過去の宿業がうずくまる一一というよりはこれ見よがしに屹立する空間だ。ここで芝居を立ち上がらせようとする自分もまた、この宿業の列に並んでいるのだ、という居心地の悪さは禁じえない。とはいえ、療養者の乗る電動車が居並ぶ前で芝居が立ち上がっていくさまは、やはり感動的だった。

翌週、舞台を国家戯劇院に移動して上演した。楽生院の療養者にとって、国立劇場で芝居を見物するなどという居心地の悪さは並大抵ではなかったろうが、多くの療養者が私たちの招きに応じてくれて、台湾政府の誇る高級文化施設の観客席を占めてくれた。

劇中、「野草天堂」は台湾のとある療養所の名前であった。60年前に日本から移管された療養所であり、毒殺された日本人の元院長の亡霊に悩まされているという設定である。これはそのまま「楽生院」を指示してしまうのであるが、当の療養者を前にしてこのような設定を捏造して、その歴史に介入しようとするのは、不遜以外のなにも
のでもない。だが、居心地の悪さに耐える、などという上品な構えではいつまでも宿業の列を乱すことはできないと考えた。乱れた列の端っこに私らの芝居は居場所を見つけたように思う。そこは実は、墓地や納骨堂に隣接した場所であった。私らの芝居にとって、死者とは隣人であり乱れた宿業の列の外部に居てそれを眺める観客でもあった。

楽生院の納骨堂に飾られていた、死してなお帰る故郷を持たない療養者たちの写真64枚を国立劇場の私らの舞台に招請したのも、私らの不遜である。久々に東京でテント芝居をすることになった。参集をお願いしたい。

May 04, 2006

山谷映画上映と平野千果子さんのミニトーク

うっかりお知らせを忘れていましたが、平野千果子さんが昨年のフランスの「暴動」についてトークをなさいます。最近の雇用促進法案をめぐる大規模ストライキとの関係でも、とても興味のもたれるトピックです。トークだけなら無料で参加できますが、『山谷 やられたらやりかえせ』をまだごらんになっていない方は、この機会にぜひどうぞ。


*****************************************
◎プランB◎

<日時>5月6日(土)PM7:00~

 ●映画「山谷-やられたらやりかえせ」PM7:00~

 ●講演「2005年フランス<暴動>をめぐって-植民地支配の過去と現在-」PM9:00~

  平野千果子「武蔵大学教員・フランス帝国史」

 2005年秋、パリ郊外に始まった若者たちの抗議行動が瞬く間にフランス全土に広がり、最後には夜間外出禁止令という強権的な手法で収められたのは、記憶に新しい。この「蜂起」の主体が旧植民地系移民出身の二世三世だったことは、日本でも広く報じられたところである。実は2005年のフランスでは、年頭から植民地支配の過去をめぐる議論が噴出していた。フランスの植民地支配のよかった面を学校教育で教える、という条項を含む法の成立。旧植民地出身者が、フランス社会で差別されている現状への異議申し立てとしてネット上に掲載した「われわれ(植民地化された者の子孫)は共和国の原住民である」というアピール。こうした事例のいくつかを取り上げながら、フランス社会の植民地支配に関する「歴史認識」と、今日の状況の一端を報告したい。

<場所>プランB 地下鉄方南町線(丸の内線)中野富士見町駅下車5分

        東京・中野区弥生町4-26-20(地下1階)

        03-3384-2051

<料金>予約・チラシ持参1000円、当日1200円(講演は無料)

<予約等>090-1836-3430(池内)

     044-422-8079(小見

May 02, 2006

5月3日、「映画 日本国憲法」をインターネットでライブ配信します

ジャン・ユンカーマン監督の「映画 日本国憲法」は、いまできるだけたくさんの方々に見てもらいたい映画です。憲法記念日の明日、インターネットで無料配信されることになりましたので、ぜひご覧ください。また、お知り合いにもお勧めください。

-----Original Message-----

Subject: 『映画 日本国憲法』をインターネットでライブ送信します。


■憲法記念日の明日5月3日の夜8時と11時の2回、『映画 日本国憲法』をインター
ネットで無料配信&ライブトーク!!
~ジャン・ユンカーマン監督と山上徹二郎プロデューサーのトーク    を生中継


「シグロシアター」としてシグロとブロードバンドタワーが協力して行う初めてのイ
ンターネットライブ上映会です。
「映画 日本国憲法」の送信と上映終了後ジャン・ユンカーマン監督と山上徹二郎ロ
デューサーのトークを生中継します。
インターネットでの双方向性を生かした映画配信の試みとして、中継スタジオのジャ
ン・ユンカーマン監督・山上プロデューサーと、視聴者からのメール投稿によるフ
リートークイベントです。
なお、今回のライブ配信ではより多くの方に映画を楽しんでいただくため、バリアフ
リー環境での配信を目指し、作品本編には“聴覚障害者”用の字幕を表示いたしま
す。

配信日時:
2006年5月3日 [第1部] 20:00~ [第2部] 23:00~
本編(1時間18分)の上映後、監督、プロデューサーによるライブトーク(メールで
の質問に答えるフリートーク形式)

アクセスはこちらへ:
シグロシアターURL= http://www.cine.jp/

対応プレーヤー:Windows Media Player 10
配信帯域:1Mbps

*視聴は無料ですが、会員登録が必要となります。明日朝10時より上記URLで会員登
録ができます。


『映画日本国憲法』作品紹介
1時間18分/2005年シグロ作品/監督:ジャン・ユンカーマン
出演:ジョン・ダワー、日高 六郎、ノーム・チョムスキー ほか

戦後60年目を迎えた2005年、自衛隊のイラク派兵をきっかけに憲法についての踏み込
んだ議論がはじまりました。国内のあまりに性急な改憲への動きを、世界に視野を広
げて見つめ直す、それがこの映画の出発点でした。憲法とは誰のためのものか、戦争
の放棄を誓った前文や第9条をどう考えるのか。本作品は、憲法制定の経緯や平和憲
法の意義について、世界的な知の巨人たちが語った貴重なインタビュー集です。
2005年第79回キネマ旬報ベスト・テン「文化映画」部門 第1位
2005年日本映画ペンクラブ会員選出ベスト5「文化映画」部門 第1位
山形国際ドキュメンタリー映画祭2005、クロージング上映作品

周りの皆さんへの宣伝・お声かけをよろしくお願い申し上げます。

山上徹二郎
yamagami@cine.co.jp
**************************************
(株)シグロ
〒164-0001東京都中野区中野5-24-16
中野第二コーポ210
TEL:03-5343-3101
FAX:03-5343-3102
HP: www.cine.co.jp
HP:www.independentfilms.jp
*************************************

April 05, 2006

『ガーダ -パレスチナの詩-』公開記念ワークショップ:ビデオジャーナリストという生き方

チラシ →パレスチナ映画祭、 ワークショップ

平素は大変お世話になっております。この度、戦火の中で暮らす女性や子供たちを映し出したドキュメンタリー映画『ガーダ -パレスチナの詩-』を5月中旬より公開する運びとなり、公開を記念して、下記のイベントを開催致します。
******************************************
 昨年公開され「毎日映画コンクール・ドキュメンタリー映画賞」を獲得した『Little Birds -イラク 戦火の家族たち-』にみられるように、ビデオカメラによる単独取材によって撮影されたジャーナリストの映像が、テレビの報道番組の枠を超え、高い評価を獲得する映画作品として結実するようになった。『ガーダ -パレスチナの詩-』は、パレスチナを17年余りにわたって取材し続けてきたフォト・ジャーナリスト古居みずえが撮りためた500時間にものぼる映像を1本のドキュメンタリー作品として仕上げたもので、政治や闘争の局面ではなく女性や子どもたちに焦点をあて、日々の暮らしの中に織り込まれた淡々とした「闘い」の在り方を映し出している。このワークショップでは、古居みずえをキーパーソンとして、多彩な取材映像を検証しながら、ビデオジャーナリストとしてのライフスタイルやノウハウを提唱する。


******************************************
2006年4月15日(土)
    17:00/18:45 『ガーダ -パレスチナの詩-』先行特別上映
    18:55/19:25 「ガーダ」を語る/古居みずえ
    19:35/20:55 「ビデオジャーナリストという仕事」/野中章弘

アジアを中心に第三世界の問題を取材し、新聞、雑誌、テレビなどで発表し。87年に報道規制の厳しいアジアのジャーナリストたちのネットワークであるアジアプレス・インターナショナルを設立した野中章弘は、90年以来、小型ビデオを使うビデオ・ジャーナリズム(VJ)の手法によるニュースリポートやドキュメンタリーを制作・プロデュースし、NHK、テレビ朝日、朝日ニュースター、MXテレビを中心に200本以上の映像コンテンツを発表してきた。「ビデオ・ジャーナリスト」の草分けともいえる野中をゲストに、仕事としてのビデオジャーナリストの在り方を問う。
*****************************************
2006年4月22日(土)
13:00/14:45 『Little Birds -イラク 戦火の家族たち-』DVD発売記念特別上映
14:55/16:00 イラク最新リポート/綿井健陽(予定)

2003年3月、イラク戦争開戦をバグダッドからリポートし、ギャラクシー賞特別賞、ボーン・上田賞を受賞。さらに映画「Little Birds-イラク戦火の家族たち-」で日本ジャーナリスト大賞を受賞した綿井健陽は、本年3月14日からふたたび内戦状態のイラク・バグダッドでの取材を敢行。帰国後初めて、最新映像によって、イラクの現状をリポートする。(取材期間が延長された場合、バグダッドとのライブ中継リポートを予定)
*******************************************
会場:アップリンクファクトリー Tel:03-6825-5502 料金:¥2,000(トークセッションのみの場合¥1,000)
渋谷区宇田川町37-18トツネビル1F JR渋谷駅下車・東急本店を右折・ローソン前

配給・宣伝のお問い合わせ:バイオタイド 阪田/幸積/安岡
〒164-0011 中野区中央3-13-10 ジョイ林ビル3F TEL:03-5389-6605 FAX:03-3369-8228
*******************************************
5月中旬より全国主要都市にてロードショー!
東京:UPLINK X 大阪:シネ・ヌーヴォ 名古屋:シネマテーク 他 全国順次公開
2006年4月15日

March 15, 2006

パレスチナ・カフェへのご案内

コリン・コバヤシさんからパレスチナ・カフェへの参加のよびかけメールがまわってきました。
5月半ばから一ヶ月間、いつもどこかでパレスチナについて語る催しがなされている状態をつくろうという企画です。今年はフランスだけでなく世界中でやりましょうという呼びかけ。 というと話が大きく聞こえますが、基本はパレスチナについて語れる場をできる範囲で作っていく小さな努力の集積だと理解しています。わたしも身の回りの人たちと相談してなにかできないか考えているところです。

以下は、コリンさんからのアピール

パレスチナに心をよせる皆さん
コリン・コバヤシ@グローバル・ウォッチ/パリです。 パリからアピールいたします。

 昨年、2005年6月、フランスはパリと首都圏の郊外都市で、一ヶ月間、パレスチナ・カフェ『ようこそパレスチナ』を行いました。30日間、毎晩異なったカフェ(喫茶店)で、パレスチナにまつわる様々な文化的催しを行いました。

 私は、18区のカフェで、広河隆一さんのパレスチナの写真展と雑誌『DaysJapan』の紹介、日本の パレスチナ支援運動の状況、また私のヴィデオ作品の上映を行いました。その夕べは、パレスチナ音楽から始まり、最後はパレスチナ料理のサーヴィスまであり、カフェの常連含め、50人ほどの方々が真夜中の2時頃まで楽しく語りあいました。 他の会場では、ダルウィッシュの詩やジュネ、サィードの文章の朗読があったり、自作の詩を披露する詩人や作家もいました。また真剣にパレスチナの状況を語り合ったり、ロニー・ブローマン(前「国境のない医師団」会長)、ミッシェル・ワルシャウスキー(エルサレムのオルタナティヴ情報センター主宰者)、ドミニック・ヴィダル、ドニ・シフェール(ジャーナリスト)、エリアス・サンバール(パリ在住のパレスチナ歴史家)など著名な専門家達と討論をかわす夕べもあり、その他、コンサート、ラップ、演劇など盛りだくさんで、大成功のうちに終りました。

 そのため、パレスチナの状況改善が見られない今、この試みを全世界の都市に呼びかけようと、パリの<マルハバ・パレスティン>(『マルハバ』はアラビア語で「ようこそ」の意)連絡委員会は世界に向けてこの企画のアピールを開始しました。  この委員会はドキュメンタリー映画監督でCCIPPP(「パレスチナ民衆保護のための国際市民派遣団キャンペーン」。ISMと類似のフランスのNPO)のコーディネーター、サミール・アブダラをコーディネーターとして、10回ほどの会合を重ねています。私もこの委員会に加わっています。

 この委員会には、今までの117回に及ぶ市民派遣団に参加した様々な個人が多く参加していますし、他の支援組織の方やフランス在住のパレスチナ人も参加している緩やかな集団です。ウェブ・サイト:http://marhabapalestine.free.fr/(仏・英・スペイン語)を立ち上げています。  むろん、フランスには伝統的なカフェ文化があり、オープン・カフェが多く、近年フランスで流行の文学カフェ、哲学カフェもそれらに裏打ちされたものです。また多様なNPOの会合も、しばしばカフェが利用されます。フランスにおいては、パレスチナ支援者は、アラブ系住民が多いため、数も多く、当然大きな動員も可能となります。受け入れカフェを見つける苦労もたいしたものではありません。

 しかし、日本においても、大動員は不可能でも、パレスチナに思いを馳せることは不可能なことでないと思います。60年代には東京でも、風月堂、どん底、らんぶるといった様々な個性的なカフェが多くの若者達を引きつけ、討論の場として利用されました。最近は、また個性的な場も増えつつあります。萎縮している日本の公共空間を広げ、より多くの方々がパレスチナ問題を普遍的な観点から考えるためにも、また文化の収奪の問題としてみるためにも、文化的観点から行うこの試みはたいへん有効だと感じられます。

 今日、パレスチナの状況が以前にも増してたいへん苛酷であるのは、皆さんご存知のごとくです。ハーグ国際裁判所の勧告にもかかわらず、西岸の壁建設は継続され、土地は分断されて領土的観点から独立国家になり得ない現実を浮き彫りにしています。西岸の植民地化はパレスチナ人との交渉なしに、イスラエルによって一方的に進められ、また占領地からの一方的撤退後のガザの完全封鎖は、ガザ住民を違法な占領状態からの解放ではなく陸の孤島のような幽閉状態に陥れています。また四散して難民化したパレスチナ人たちは帰還権も得ぬまま貧困と抑圧状態の下で放置されています。このような意味で、まさにパレスチナ問題は今日の世界平和の中心に位置しているといえるのではないでしょうか。 
                                                  
しかし、現地では、この不法な占領下でも、毎日の暮らしを何とか生きているパレスチナの人々がいます。オリーヴ畑を手入れに行く農民の日々の暮らしがあります。子供を学校に送り、イスラエル軍や植民者から身を守り、野菜の栽培や、オリーヴの生産のために、無数のチェック・ポイントを迂回し、あるいは何時間も待ち、数十キロを歩いて通う農民、市民や家族を支える女性たち、苦難にもかかわらず笑顔を持ち続ける子供たちがいます。命を尊いと思う気持ちは人類共通の最も基本的な感情です。大切なのは、戦争以前に、そこに人々の暮らしの営みが営々と続いているという事実を知ることです。そしてその営みが不断に抑圧され、分断されているという耐え難い事実を知ること。パレスチナを見る切り口は様々ありますが、そのようなパレスチナ民衆の暮らしや生活を尊重し、そこに思いを馳せること、そこから根本的な理解や連帯が始まるのではないでしょうか。そして連帯の証しとして、世界が彼らを見捨てていないことを示すささやかな試みが、私たち自身がパレスチナの人々の生活や文化を理解し、彼らを歓待する試みが、パレスチナ・カフェ「ようこそパレスチナ」を仲介の場として、試みられるのです。

 日本の各地でのささやかな私たちの連帯行動が、パレスチナと世界の民衆をつなぎ、そこに希望の灯をともすことになるのを夢見て、皆さんが何らかの形で「ようこそパレスチナ」を各地で各人の可能なやり方で参加してくださることを呼びかけたいと思います。気負わず、個々人が表現者として連帯すること、そしてその小さな波がだんだん大きくなることを期待します。

 参加を希望される団体、個人の方々は、日本でも有志によって始められた『マルハバ-パレスチナ連絡会議』にご連絡いただき、MLにご参加いただきたいと思います。

連絡先:marhaba-p@freeml.com 討論用のMLを立ち上げます。これが企画実現のための様々な意見交換と情報共有の場になります。
パリの「マルハバ・パレスティン」連絡委員会のアピール文を添付します。

このイニシアティヴに賛同してくださる方々は以下の通りです。(あいうえお順)
板垣雄三(東大名誉教授) 鵜飼哲(一橋大教員) ナジーブ・エルカシュ Najib El-Khash (ジャーナリスト) 大榎淳(ヴィデオ・アーティスト、東京経済大教員) 岡真理(京大教員) 北林岳彦(パレスチナ子どものキャンペーン理事) 櫛淵万里(ピースボート共同代表) 熊岡路矢(JVC代表理事) 徐京植(作家、東京経済大教員) 杉村昌昭(龍谷大教員) 仲里効(沖縄『エッジ』編集長) なだいなだ(精神科医・作家) 針生一郎(美術評論家) 平野千果子(武蔵大教員) 広河隆一(フォトジャーナリスト) 藤田和芳(大地を守る会会長) 古居みずえ(ジャーナリスト) 増田一夫(東大教員) 森沢典子(『パレスチナがみたい』著者) 吉川勇一(市民の意見30の会・東京)

皆さんの主体的、創造的参加を心から願って。
コリン・コバヤシ
PS:この呼びかけは,転載可です。

March 08, 2006

サイードの映画の完成記念講演―大江健三郎とマリアム

佐藤真監督の映画「エドワード・サイード OUT OF PLACE」は5月からアテネフランセでのロードショーが決定し、それに先駆けて記念上映と講演が行われます。映画の製作に多大な援助をいただいたサイード夫人マリアムさんがニューヨークから来日してご挨拶し、サイードと友人だった大江健三郎さんがなさいます。 大江さんの講演のテーマはちょうど4月に発売になるサイードの新刊『後期スタイルについて』です。
これは晩年にサイードがこのテーマで書きためていた論文の集成で、一部はすでにThe Nation誌やLondon Review of Booksに発表されており、音楽や文学や映像など様々な分野において作家の晩年の作品の中に、迫り来る死がどのように異様に侵入してくるかを論じています。ベートーベン、ジュネ、カヴァフィス、アドルノ、グレングールドなどをとりあげて、晴朗とした円熟の境地ではなく、むしろ混沌と破壊に向かう荒涼とした後期スタイルに注目し、それが時代の先を先取りする予兆となっていると論じています。作家大江健三郎は、これをどのように自らにひきつけて論じるのでしょう。

詳細は以下のとおりです
  ********* ************ *******
4月29日(土)「エドワード・サイード OUT OF PLACE」
完成記念上映会+大江健三郎講演会を開催します。

日時:2006年4月29日(土) 14時30分開場
   15時~「エドワード・サイード OUT OF PLACE」上映
   18時~あいさつ:マリアム・サイード 講演:
大江健三郎「《後期のスタイル》という思想―サイードを全体的に読む―」
場所:九段会館 大ホール
入場料:当日券:4,000円/前売券:3,500円
※チケットぴあ(Pコード:551-978)にて販売中!

December 14, 2005

タイベビールと公開講座「中東はどこへ」

久しぶりに「ハジャルナーの会」を開いて、みなさんと情報交換および食べ物交換ができて楽しかったです。 医療協会の松尾さんが、フェアトレードで輸入されたパレスチナの食材を差し入れてくれました。タイベビールやザータルはおいしかったです。占領地で製造されたオリーブオイルを輸入販売するというのは、物流があれほど管理・制限されていることを考えればすごいことです。安定供給はむずかしいんでしょうねえ。 ここに、ブログがありました。 ついでに、もう今週末と日が迫っていますが、日本パレスチナ医療協会の連続講演会のお知らせです。

***********************************************************

連続公開講座「中東はどこへ」 講師岡真理

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■□   パレスチナ 占領と人間    □■
■□ 「共生」 絶対零度のトポスから  □■
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
連続公開講座「中東はどこへ」第2部
第32回 パレスチナ 占領と人間  --- 「共生」 絶対零度のトポスから
講師 岡 真理 氏(京都大学大学院人間環境学研究科助教授)

アラビストとして、アラブ文学とりわけパレスチナ文学の研究、また、フェミニズムなどの研究など様々な分野で活躍されている岡真理氏に、最近のパレスチナ関連の上映会や文学などの講演会などで語られてきた「パレスチナにおける民族共生 不-可能性」について話していただきます。 岡真理氏の著書には、『記憶/物語』(岩波書店2000年)、『彼女の「正しい」名前とは何か 第三世界フェミニズムの思想』(青土社 2000年)、などがあります。 また、共著に『エクスプレスアラビア語』(白水社, 1989年)、また、訳書では、エドワード・W・サイード『イスラム報道[増補版]』(みすず書房, 2003年)などがあります。 皆様のご参加をお待ちしております。

タイトル: 「パレスチナ 占領と人間」       
--「共生」 絶対零度のトポスから--

講師: 岡 真理 氏
日時: 2005年12月16日(金) 18時30分~20時30分(開場18時)
場所: 緑が丘文化会館 本館第3研修室 http://www.city.meguro.tokyo.jp/syakyo/mi/
東京都目黒区緑が丘2-14-23
電話 03-3723-8741
東急東横線・東急大井町線:自由が丘駅下車7分
東急大井町線:緑が丘駅下車8分
参加費: 一般800円、会員500円 (先着100名まで)
*なお、講演会後、近くでの懇親会(参加費3000円程度)も予定しております。 こちらにも是非ご出席ください。
主催: 日本パレスチナ医療協会 Japan Palestine Medical Association (JPMA)
◆ 事前予約は不要です。直接会場にお越しください。

December 01, 2005

どうする!?わたしたちの憲法。アジアからの声を聞く

今年春に完成したジャン・ユンカーマン監督の映画『日本国憲法』は、日本の平和憲法の意義を国際的な視点からみなおしたもので、立ち見が出たほどの完成試写会いらい反響は大きく、全国各地で上映会が催されているそうです。もう100箇所以上で上映されているということで、9・11の選挙以来なだれを打って九条改定に向かうような動きに茫然としている人には少し明るい話題かも。

12月10日土曜日には東京全電通ホールで、上映会とシンポジウムが予定されています。この映画に出演した中国の作家パン・チュンイと韓国の歴史家ハン・ホングを招待して、太田昌秀元沖縄県知事とジャン・ユンカーマン監督らとともにパネルディスカッションを行ないます。案内状には、「映画をご覧になった方も、これからの方も、ご来場をお待ちしています」とありました。

来日されるお二人
○ 班忠義(パン・チュンイ) 作家、映画監督
1960年、中国・撫順市生まれ。作家・映画監督。1987年に来日、上智大学大学院にて学ぶ。中国残留日本人女性について書いた著書『曽おばさんの海』(朝日新聞社)で朝日ジャーナル大賞受賞。旧日本軍による中国人への性被害の問題を長年にわたり取材、『チョンおばさんのクニ』(2000年)、『Gai Shanxi and Her Sisters』(2004年)などの記録映画を制作した。

○ 韓洪九 (ハン・ホング) 歴史家
1959年、ソウル生まれ。2000年、聖公会大学教授に就任、現在同大学人権平和センター所長。大学での講義のかたわら、市民運動に多くの時間を捧げている。平和博物館の建立や良心的兵役拒否の運動などに関わるなど、韓国現代史を見直す活動を積極的に行い、新進の歴史家として注目される。近著『大韓民国史』(邦題『韓洪九の韓国現代史』)は韓国でベストセラーに。



************ 転載 *****************
どうする!?わたしたちの憲法。アジアからの声を聞く
「映画 日本国憲法」出演者来日記念・トークショー

『映画 日本国憲法』(ジャン・ユンカーマン監督)は、今春完成以来「世界のいろいろな視点から、わたしたちの憲法を見つめなおすことができて良かった!」と大きな反響が寄せられています。しかしその一方で、9条「改正」への流れやアジア外交の行き詰まり、イラク派兵期限の延長問題など、わたしたちの憲法と平和をとりまく環境は、思わしいものではありません。
どうする!?そしてどうなる?わたしたちの憲法?
この度、上映会の開催にあたり、大田昌秀さんの基調講演と、映画の出演者を中国と韓国からお招きして、パネルディスカッションを行います。
映画をご覧になった方も、これからの方も、ご来場をお待ちしております。

★ 日時
2005年12月10日(土)

★ 場所
全電通ホール(東京・御茶ノ水)

(地下鉄・千代田線新御茶ノ水駅、丸の内線淡路町駅、都営新宿線小川町駅、JR・御茶ノ水駅より、いずれも徒歩5分)
東京都千代田区神田駿河台3-6
TEL:03-3219-2211
地図はここ

★ 入場料
一般当日券 2,500円
一般前売券 2,200円
(チケットぴあにて11/3より発売、Pコード551-735)

※入場整理券は、12:00より配布いたします。

★ プログラム 13:00 開場
13:30 「映画 日本国憲法」上映(1)(80分)
14:50 休憩(20分)
15:10 基調講演(60分)
大田昌秀氏
16:10 休憩(10分)
16:20 シンポジウム(90分)
班忠義氏 × 韓洪九氏 × ジャン・ユンカーマン氏
17:50 休憩(20分)
18:10 「映画 日本国憲法」上映(2)(80分)
19:30 終了予定

November 24, 2005

Freefall Bush

警告!  なぜか、やめられなくなります

詰まっちまったら、マウスでひっぱってね

November 20, 2005

ミッチェル・プリトニック:イスラエル労働党は生まれ変わるのか?ー(1)

ペレツ労働党の誕生は画期的なできごとですが、現実にはそこから、なにが期待され、どんな限界があるのかを幅広く考察したミッチェル・プリトニックの文章です。筆者はユダヤ系アメリカ人の和平活動家であり、外国人としてパレスチナの平和を願う者の視点から、今回の事件をどうみるかということも参考になります。

Is There A New Labor Party In Israel?
by Mitchell Plitnick; Jewish Voice for Peace; November 15, 2005 ZNet


先週労働党の党首選挙でアミール・ペレツが衝撃的な勝利をおさめたことは、イスラエル政界に新しい希望の時代の幕開けであるとして一部の人たちにはおおいに歓迎された。たしかにペレツはイスラエルの主要政党にはこれまでなかったような、きわめて新しいタイプのリーダーだ。このペレツという人物がなにを表象し、どのような希望をもたらすのかを理解し、彼の勝利が意味するものの限界を、バランスの取れた視野において理解することが重要である。

労働党の党首候補として名のりをあげたペレツは成り上がり者という印象をもたれた。だが彼が選んだタイミングは最適だった。労働党のメンバーたちは、久しい以前からシモン・ペレスの詐欺的な政治手法によってやる気を失っていた。ペレスは人をふるいたたせるタイプの指導者ではないし、特定の政治目標を強力に推進することもけっしてなかった。ペレスは日和見主義者であり、イスラエルの歴代政府においてたとえどんな性格の政権であっても常にそのトップの地位を占めることが彼の最大の関心だった。2002年の選挙で、政治家としては駆け出しのアムラム・ミツナが労働党書記長の地位を勝ち取ったことは、ペレス、ベンジャミン・ベン=エリエゼル、オフィール・ピネス=パズ、エフライム・スネーら堅固に守られた労働党の指導部が大幅に支持を減らしていることを露呈させた。ペレツが今回つけこんだのはそこだ。

短期的な見通し
ペレツの勝利そのものは、きわめて好ましい成り行きと受けとめる以外にないだろう──イスラエル政界にとってのみならず、占領を終結させイスラエル人とパレスチナ人の両方に公正な和平を実現するためにもそうである。それを否定するのはばかげているが、ペレツの勝利が、近い将来になにか劇的な方向転換をもたらすだろうと期待するのも同じくらいにばかげている。

もしもペレツが公約を守って、連立政権から労働党を離脱させるようであれば(どうやらそうなりそうだが)、2006年3月にイスラエルの総選挙が前倒しされる可能性も高くなる。アリエル・シャロンのリクード党首としての地位が依然ぐらついているため、シャロンが独自に第三党を結成する可能性は否めず、そこに労働党の不満分子が流れ込むこともじゅうぶんありうる。ペレツ体制への期待から労働党にリクード票が流れる可能性は、シャロンの離脱と相まって、リクードを無力化させるかもしれない。だからといって、そのことが来年3月の選挙で労働党の勝利を確実にするわけではない。

たとえペレツがほんとうに来年首相になったとしても、彼が現状を大幅に変革するような政策を矢継ぎ早に打ち出すとは考えにくい。分離壁については、建設予定地をさらに変更することはあっても、撤廃まではいかないだろう。パレスチナ難民のイスラエル本土への帰還にイスラエルの一般世論がしめす拒絶反応を彼はじゅうぶんに承知しているし、エルサレムの分割についても彼が大胆な提案をするとは考えにくい。長年にわたるイスラエル=パレスチナ紛争に、彼が特効薬を提供するわけではない。

だがペレツが3月の選挙に勝てば、長い目で見れば好ましい影響をおよぼすだろう。じゅうぶんな時間が与えられれば、彼もエルサレムについてのイスラエルの国民感情を動かすことができるだろう。もっと直接的なところでは、彼の社会改革理念が少しでも実現化されるのであれば、その資金をひねり出すためまっさきに予算配分を削られるのは入植事業だろう。入植地は、いわゆる「前哨基地」と呼ばれるものも、もっと大規模で定着したものも、いずれも違法な手段で資金が調達されていると、タリア・サッソンは2005年3月の報告書で告発している。これを武器に、ペレツは入植者の運動を大幅に抑え込むことができるかもしれない。

党内選挙の勝利を受けて、ペレツはクネセトに西岸地区から退去したい入植者に補償を支払うという法案を提出した。小さなものとはいえ、これは始まりの一歩である。

社会主義のルーツ?
アミール・ペレツの政治思想の根底には社会主義がある。彼のレトリックには、かつて社会主義政党だった頃の労働党を理想化するところがうかがわれる。労働党についての、そんなロマンティックな見方は、誤解を招くだろう(労働党の内部やイスラエル社会一般における社会主義とナショナリズムのせめぎ合いについては、ゼエブ・シュテルンヘルの『イスラエル建国神話』にすばらしい解説が載っている)。労働党は着実におおかたの社会主義の理念から遠ざかっていった。ペレツは実際、イスラエルの労働党の理念に、たぶんこれまで一度もなかったほど社会主義を前面に打ち出している。ここ数十年のあいだの傾向に比べればその対比はいっそう鮮やかだ。

ペレツは、イスラエルにおける社会的セーフティ・ネットの構築に乗り出すだろうし、貧富の差(西欧型の国家としては最大になっている)を縮小する方策も進めるだろう。だがイスラエル経済の方向性に、彼がそのような大転換をもたらすことができるかどうかは疑問である。多方面から大きな抵抗が持ち上がると予想され、とりわけ危惧されるのはみずからのお膝元の労働党からの抵抗だ──新自由主義経済モデルを1980年代から90年代にかけて積極的に受け入れてきたのは労働党なのだ。このことについて、彼が少しでも影響を及ぼせたならば、期待はおおきく膨らむ。それは次に記すように、なにもイスラエルの大衆だけに限ったことではない。

ペレツは和平を推進するか?
ペレツはアリエル・シャロンの「一方的撤退」計画に猛烈に反対してきた。これは特筆すべきことである。なぜなら「一方的な分離」という概念は、西岸地区に分離壁を築くという着想と同じように、それが最初にでてきたのはシャロンやリクード党からではなく、エフード・バラクが党首だった頃の労働党からなのだ。自分とマフムード・アッバースとじっくり膝を交えて話し合い、アメリカや他の勢力は抜きにして、最終地位の取り決めを結びたいと、ペレツは明言している。この表明はたいへん聞こえが良いが、もちろん実現させるのはさまざまな理由から困難だろう。とはいえ明らかにペレツも、シャロンの一方的な行動のおかげでアッバースの立場が大きく損なわれたことはよく承知しており、それによって真の打開がどれほど難しくなったかもわかっている。ペレツは長いあいだ「ピース・ナウ」(和平推進団体)のメンバーだったし、彼の妻はイスラエル人とパレスチナ人の現場における対話の促進に熱心に取りくんできた。パレスチナ人との紛争についての彼のアプローチは、アリエル・シャロンやベンジャミン・ネタニヤフと異なるばかりでなく、シモン・ペレスやエフード・バラク、イツハク・ラビンなどとも完全に異なっている。BBCは「占領は、なによりもまず不道徳なことだと思う」というペレツの発言を引用している。

2002年のアムラン・ミツナとは異なり、選挙戦が続いていくうちに徐々に和平推進提案をトーンダウンさせるようなことをペレツはしなかった。だがその理由のひとつは、和平問題はペレスにとって国内の社会経済改革に比べて優先順位がかなり低かったことにある。またペレツは国際関係の分野での経験はほとんどゼロに等しく、平和活動家としての彼の経験も、おおむね高度な政治の領域からは外れたところのものだった。それでもなお、彼の国内向け政策課題でさえも、占領政策に顕著な影響をおよぼす可能性があることに注目しよう。イスラエルの経済は国民の大半にとって悪化しており、パレスチナ人への対処に、より厳しく断固とした手段をとることを支持する者が増えている。経済不安を抱える社会は、えてしてナショナリズムの傾向を強めるものである。イスラエル経済がより平等なものになれば、真の変化が起こりパレスチナ人と本気で妥協しようという機運も整ってこようというものだ。

だが現時点であまりに多くを期待するのは賢明ではない。たとえペレツが首相になったとしても(ありえないわけではないが、前倒し選挙がそういう結果になる公算は大きくない)、国内問題への取り組みが彼の最優先目標となるだろう。また彼の抱える大きな課題として、外国の高官との接触がなく経験に乏しいことや、彼とそりの合わないアメリカ政府が少なくとも2008年まではつづくことが挙げられる。

アミール・ペレツ当選の意義ーウリ・アヴネリのインタヴュー

"Uri Avnery to Aljazeera.net: Amir Peretz Win Profound for Israeli Politics"
13/11/2005

アミール・ペレツの党首就任により、労働党ははやばやとシャロン政権との連立解消に動き、2006年11月に予定されていたイスラエル総選挙も前倒しされることになりました。ウリ・アヴネリはさっそくアルジャジーラのインタヴューを受け、その意義について語っています。ちょうどライブドアの海外ニュースのサイトにその翻訳が載っているのを見つけました。「イスラエル政界に「激動」の予感  注目されるペレツ新労働党党首の動向」

ただ、なにを間違えたのか、ウリ・アヴネリではなくてインタヴュアーの記者の名前がインタヴューされた人として出ています。でも、それ以外は立派な訳ですのでご安心ください

November 19, 2005

ウリ・アヴネリ:ペレツはペレスとは違う

11月9日に行なわれたイスラエル労働党の党首選では、ヒスタドルート(労働総同盟)委員長のアミール・ペレツが、現党首で副首相のシモン・ペレスを破って当選するという画期的な事件が起こりました。この背景には労働党をシャロン政権との連立に導き、同党の沈滞をもたらした大物政治家シモン・ペレスに対する鬱憤、引いては従来のイスラエルの政党政治を牛耳ってきた古い体質の完全な行き詰まりへの鬱憤があるようです。ついにイスラエルの中からも変革への動きがでてきたのだろうかと期待はたかまりますが、とりあえず無名に近かったアミール・ペレツのどこがそんなに画期的なのかについて考えてみたいと思います。
下の記事は、党首選直前の7日にウリ・アヴネリが書いたもので、ペレツが登場する背景になったイスラエル労働党のひどい退潮ぶり、リクード政権に擦り寄って野党の役割を放棄してしまったことで議会制民主主義が危機的状況に陥っている現状について(いずこも同じという感じですが)よくわかる文章です。


Uri Avnery: Peretz Is Not Peres
Monday, 7 November 2005, 2:44 pm
Opinion: Uri Avnery

ヘブライ語版はグッシュ・シャロムのサイトにあります→ www.gush-shalom.org

「そこで主は、こう言われる。労働党の三つの罪、四つの罪のゆえに、わたしは決してそれを許さず罰を与える・・」預言者アモスがもし現代に生きていたら、彼の預言書の一章はたぶんこの書き出しで始まっただろう。

だが1967年の六日戦争以来、労働党がおかしてきた罪は三つや四つにとどまるものではない。それらをあげ連ねるとすれば、このテクア出身の預言者の書物〔アモス書〕の数章を割かねばならないだろう。次に上げるのは、ほんの一部のリストだ:


- 1967年の戦争の直後、労働党のレヴィ・エシュコル首相は、パレスチナ人に国家建設の機会を提供し、それをもとに長期にわたる和平を築き上げるという千歳一遇のチャンス(当時わたしが彼に対して、私的な会話の中で、また後には公開書状の中で提案したような)を見逃してしまった。領土のほうが平和よりも彼には重要だったのだ。

- 1974年にはシモン・ペレスが西岸地区のど真ん中にはじめての入植地を建設した。それ以来、このケドミームという入植地は今日にいたるまで近隣のパレスチナ人を恐怖に陥れている。

- 70年代はじめには、労働党のゴルダ・メイヤ首相がエジプト首相アンワール・アッ=サーダートの和平提案を黙殺した。その代償は、2000人のイスラエル人の若者と、数千人のエジプト人の命によって支払われた。「パレスチナ人などというものは存在しない」と言い放ったのは、彼女である。

- 1982年、シモン・ペレスもイツハク・ラビンも、メナヘム・ベギンとアリエル・シャロンがレバノンに侵略攻撃を行なうことに支持を与えた。その一年後、彼らは「安全地帯」を設けるという愚かしい計画を支持し、その後27年間もこれを引きずることになった。それに並行してパレスチナの占領地における占領政策は厳しさを増し、入植地の数も増加した。このことが第一次インティファーダの勃発を招くことになった。

- ラビンとペレスはPLOを交渉相手として承認し1993年にオスロ合意を結ぶことによって、ようやくのことでインティファーダを終結させたが、彼らはその後すぐにこの合意を反故にして、約束したはずのガザ回廊と西岸地区をつなぐ「安全な通路」を開こうとはとはせず、イスラエル軍の大規模な撤退となる第三次撤退を実行しなかった。入植地の建設は継続された。

- ラビン暗殺後の選挙で当選を確実にするため、ペレスは1996年にレバノンで小規模な戦争を始め、カナで数十人のパレスチナ難民が虐殺を引き起こすことになった。彼はまた、「エンジニア」と呼ばれた〔ハマス軍事部門の爆弾専門家〕ヤヒヤ・アヤシュの殺害を容認した。当然予測できたように、この措置は一連の自爆攻撃を誘発することになり、結果的にペレスは選挙で敗北した。

- ヤーセル・アラファートが2000年のキャンプ・デーヴィッド首脳会談で労働党のバラク首相の最終提案の受け入れを拒むと、バラクは、パレスチナ人はイスラエルを滅ぼすことを望んでおり、「交渉すべき相手が一人もいない」と宣言した。これによって和平陣営が崩壊し、総崩れになった労働党に代わってシャロンが権力の座につくことになった。

- この間ずっと、労働党が進めてきた経済政策はイスラエル国内の貧富の差を増大させ、労働組合連合の労働総同盟ヒスタドルート(労働総同盟)をほぼ壊滅させ、いつ爆発してもおかしくない社会的不満の時限爆弾をつくりだしてしまった。

この路線を代表する主要人物がシモン・ペレスだった。この人物の気質が何十年にもわたって労働党にまとわりついていたのだ。今週(11月9日に)行なわれる党首選で、彼は労働党議長への再選を望んでいる。これを阻止できる唯一の候補はヒスタドルート(労働総同盟)を率いるアミール・ペレツだ。

ペレツの長所のひとつは、彼の名前の最後の文字だ──ペレツはペレスとは違う。

それはともかく、労働党は沈滞している。これはかなり控えめな言い方だ。はっきり言えば、腐敗による分解が進行して、かなりの末期症状を呈しているのだ。

だからといってそのことが、わたしのような人間になんの関係があるというのか?わたしは労働党の党員であったことはないし、これからだってありえないのだから。だが、関係はおおいにあるのだ。労働党とリクード党という二大政党は、わたしたちの議会政治と政党政治のシステムの大黒柱であり、イスラエルの民主主義の根幹を形成している。そのうち一つが、それに代わるものもないままに分裂してしまうことは(二つともは言うまでもなく)民主主義国家としてのわたしたちの存在の根幹を危うくするからだ。そのことを考えると、ドイツにおいてワイマール共和国が崩壊したときのおぞましい記憶がよみがえる。

この5年間ちかくのあいだ、労働党はシモン・ペレスの虜になっていた。彼の指導のもとで、同党は国家や社会についての独自の世界観の名残さえも失ってしまった。シャロンが権力の座につくと、ペレスは彼のために全世界に向けた情報操作のコンサルタントを提供し、そのスポークスマンになってしまった。それ以前には、世界はシャロンといえば1953年のキビヤの虐殺事件、1982年のレバノン侵略とサブラー、シャティーラ両難民キャンプの虐殺事件を思い浮かべていた。そのシャロンが立派な政治家として世界中に受け入れられるようになったのは、ノーベル平和賞を受賞したシモン・ペレスのおかげだった。

選挙のため下野するという漫画じみた幕間狂言を演じた後、ペレスは自分の党をふたたびシャロン政府との連立に引きずり込み、シャロンの「一方的撤退」政策の中心的な支持勢力に仕立て上げた。ペレスはどんな条件もつけなかった。撤退はパレスチナ人との合意のもとに行なわれなければならないとも、撤退は西岸地区全体からの撤退の交渉につながるべきであるとも。

それがどんな結果を生んだかは、今では明白だ。ガザ回廊は巨大な監獄と化し、占領は別の手段を通じて(西岸地区や世界全体からの切り離し)いまも継続している。生活条件はこれまで以上に悪化した(そんなことが可能とは誰も思わなかった)。結局のところ、流血沙汰はつづいており、たぶんこれまで以上にひどいものになるだろう。

わたしたちは日々目の当たりにしているのは、シャロンが自分の計画を実行に移すことを、労働党がどれほど容易にしているかだ。シャロンの意図は、西岸地区の58%をイスラエルに併合し、残った領土はばらばらの飛び地に分断し、分離壁を建設することだ。そもそも分離壁という考えは労働党が考案したものであり、実際には西岸地区を大きくえぐり取ってイスラエルに併合する役割を果たしている。道路の遮断、恐ろしい勢いで拡大する入植地。「前哨」と呼ばれる入植地の撤廃も、議論にさえのぼらない。暗殺と逮捕はパレスチナ人が停戦を宣言した後でさえも継続し、シャロンは停戦を拒絶した。和平交渉は存在せず、国防大臣は和平の実現は「次の世代」を待たねばならないとと断言する。政治的な進捗はいっさいなく、マフムード・アッバースの立場を脅かしている。「交渉する相手がいない」という望ましい状態を再び作り出すためだ。

社会的には、政府は労働党の支持をうけて、所得格差を拡大し、貧困を増大させる政策をとっている。このサッチャリズム採用に関していえば、シャロンとネタニヤフとペレスのあいだに本質的な違いはなにもない──空疎なスローガンを除けば。

このような状況では、労働党そのものが頽廃していくのも無理はない。人々はペレスにうんざりしているだけでなく、彼を取り巻く多数の政治家たちにも愛想を尽かしている──じっさい民主主義の制度全体に対してもうんざりしているのだ。党の内部には活気がなく、議論がなく、なんの活動もない。

イスラエルの民主主義には対立する政党が必要だ。オルタナティヴな世界観とそれに一致した政策を掲げる野党が必要なのだ。労働党にはその役割を果たすことができない。ペレスとその仲間たちが抑えつけている限りは。それゆえ、党を刷新するためにはペレスを指導部から外すことが不可欠なのだ。現状では、それを達成できるのはアミール・ペレツだけだ。

わたしはペレツと近しいわけではないので、彼がこの党を率い、この国を率いる器であるかどうかを判断することはできない。だが彼には他の党首たちにはない多くの政治的な長所がある。彼には明確な社会的課題があり、パレスチナ人との和平を一貫して支持してきた。彼は東方系ユダヤ人大衆を真に代表する人物であるが、「エスニック」な利害を代表する政治家ではない。彼は積極的行動主義を広め、大衆と直に接触し、ヒスタドルートの指導者としての能力があることを示してきた。ここで一政党の党首として、一国の指導者として通用するかどうかを試す機会を与えられてしかるべきである。わたしは彼が成功することに期待したい。

だがたとえ彼が労働党の指導者として期待にそえないような結果になったとしても、今週の党予備選挙で彼が勝利を収めたのは、とてもありがたいことだ。たとえ過渡的なものとどまったとしても、ペレツ体制の下で信望のない古い政治家たちは一掃され、新たな若い勢力に活躍の場が与えられ、労働党がふたたび闘う野党としての能力を取り戻すための道が開けてくるるだろう。

ちなみに、ヘブライ語では、ペレツは「新しい地平を開く」"breakthrough"ことを意味している。




??

May 12, 2005

Watch it!

http://www.themeatrix.com

February 12, 2005

アンベール・バルサンの死

フランスのMMさんから、エリア・スレイマン監督の映画『D・I』をプロデュースしたアンベール・バルサンが自殺したというニュースを教えてもらいました。→ ここ

スレイマンの「製作ノート」にもバルサンのことは出てきてましたが、亡くなる直前にデイリースターに掲載されたインタビューを読むと、彼は中東映画のプロデュースにかけてはヨーロッパの第一人者であり、近年勢いづいてきたアラブの映画界に、長編映画を制作し、国際的な上映の道を開くという貴重な役割を果たしてきた得がたい人物だったことがわかります。そーかあ、この人がいなかったら、『D・I』があれほどメジャーなかたちで国際市場に流通することはなかったのでしょうね。パレスチナ映画がカンヌで受賞というのは快挙でしたが、じつはバルサンの「快挙」だったのかも。

思えばあの年のカンヌ映画祭って、『D・I』とならんでアモス・ギタイの『ケドマ』(イスラエル建国映画)とアトム・エゴヤンの『アララトの聖母』(アルメニア人虐殺の記憶をめぐる映画、私はエゴヤンの大ファンなのです)がノミネートされていて、バルムドールを受賞したのは『戦場のピアニスト』(またもやホロコーストもの)という、なかなかぴりぴりしておもしろい取り合わせでしたね。エゴヤンとギタイの対談というのが出ているそうですが、それはこのときにやったものなのかなあ。読んでみたいものです。

聞くところによれば、カンヌやヴェネチアの映画祭に第三世界の映画がエントリーするときには、やはり地元の企業や業界関係者にそれなりのコネがないと注目してもらうのがむずかしいらしいです。バルサンのように豊富な経験と人脈を持つ人物のプロデュースがあってこそ、スレイマンの作品もギタイやエゴヤンと同じ土俵で勝負できたのかもしれません。

ちなみに『D・I』を日本で配給しているフランス映画社も、ゴダールやアンゲロプロスのようなミニシアター系の映画を専門とする配給会社ですね。こういう人たちのネットワークがあってはじめてパレスチナ映画の商業上映が可能になったのだなあと、あらためて関心しています。

January 26, 2005

「私はパレスチナ人クリスチャン」

昨年秋にオリーヴの紙漉きワークショップをやったベツレヘム国際センターの館長は、ルーテル教会のミトリ・ラヘブ牧師です。ベツレヘムに生まれたパレスチナ人でドイツで神学を学んだラヘブ牧師はドイツ語の著書も多く、英訳されたものがあったので買ってきました。この本は簡潔にまとまっていて読みやすく、ちょうど日本語でも出版されたところなので、紹介しておきます。

阿倍野教会の村山盛忠牧師は、「アラブ・パレスチナの文脈を踏まえて、真正面からキリスト教の課題と聖書解釈をとりあげた神学的発言の書」としてこの本を推奨しています。

翻訳者の山森みかさんは、かならずしも著者と同じ立場ではないらしいので、あとがきでどのように論じておられるのか興味がありますが、いまのところ和書は入手できていません。でもとりあえず、お勧めです。

私はパレスチナ人クリスチャン」 ミトリ・ラヘブ著 山森みか訳 日本キリスト教団出版局

Mitri Raheb, I AM A PALESTINIAN CHRISTIAN, translated by Ruth C. L. Gristch © 1995 Augsburg



第一部は聖地におけるアラブ人クリスチャンの歴史や、聖地を守り、聖地に守られる関係にあったパレスチナのクリスチャン・コミュニティが、この100年のあいだに着実に縮小し、消滅さえ危ぶまれるようになっている現状を手際よくまとめています。

アラブ人クリスチャンはキリスト教の歴史の中でも最も古いグループで、イスラム教が成立するずっと以前からパレスチナにコミュニティを築いていました。パレスチナには古来さまざまな宗派が共存しており、東方教会、ローマ教会、プロテスタント諸派などを次々と受け入れてきました。従ってエキュメニスムの伝統が強く、パレスチナ人クリスチャンには、キリスト教の諸派のみならず、イスラムもユダヤ教も包含した共生を視野に入れることに少しも無理がない。

ラヘブによれば、アラブ人クリスチャンの特徴は常にマイノリティーであったということです。これは西洋のキリスト教会が権力と結びつき、支配者の側に立つようになったことと大きな対照をなしています。オスマン時代にはイスラム帝国の中の二級市民として扱われてきた周辺的存在であったことから、ヨーロッパの影響が強まり改革の必要が痛感されるなかで、アラブ人クリスチャンたちは近代化を推進する文化的エリートの役割を担うようになります。国家と宗教を分離し、クリスチャンもムスリムも他の宗派も、市民として同等の権利を持つ、世俗主義のアラブ国家を作ることが彼らの目標でした。このような世俗主義ナショナリズムがPLO(とりわけクリスチャンが多かったPFLPやDFLP)の主張に反映されていたようです。

しかし解放運動はいつまでたっても実を結ばず、その挫折感からパレスチナ人のあいだにはハマスのようなイスラム主義者の勢力が拡大するようになってきています。アラブ人クリスチャンにとっては、これは大きな脅威です。

アラブ人クリスチャンが直面するもう一つの問題は、欧米のクリスチャンたちが見せるイスラエル寄りの傾向です。反ユダヤ主義の一因となり、ホロコーストを招いてしまったことに対する贖罪の意識から、欧米のクリスチャンたちはユダヤ人やイスラエル国家に対して過度に同情的になる傾向があり、結果的にパレスチナ人が現在受けている苦難には目をつぶってしまうという問題。この欧米的な思考形式がアラブ人クリスチャンにも押し付けられ、それに異論を唱えればナショナリストのそしりを受ける。パレスチナの問題を直視することがキリスト教神学の課題であるとラヘブ師は主張します。

第二部ではイスラエル・パレスチナ問題にかかわる聖書解釈として、「選び」、「土地の約束」、「出エジプト」などが詳細に論じられています。


第二部のはじめの部分「アウシュヴィッツ以降の神学とパレスチナ人」が興味深かったので、要約してみました。ラヘブ師はルーテル派の人なので、「アウシュヴィッツ以降の神学」というのはドイツを中心としたものなのかも知れません。でもアメリカでもキリスト教原理主義のシオニズムが台頭していますし、その一方でプレスビテリアンがイスラエルボイコットに踏み切り、聖公会でもそれに追従する動きがでています(今のところは、やや腰が引けているように報道されていましたが)。どうやらキリスト教の内部でもパレスチナ問題をめぐってさまざまな立場があるようですし、今後はパレスチナについて正面きった議論がなされるようになっていくのかなあと興味深く感じています。

***********************************
第六章、「アウシュヴィッツ以降の神学とパレスチナ人」(要約)

西洋のクリスチャンや神学者たちのあいだには、今日のジュデイズムやイスラエルという国家についてホロコーストを通じてのみ理解しようとする動きがある。いわゆる「アウシュヴィッツ以降の神学」はホロコーストを神学的に研究しようとする。ヨーロッパに蔓延する反ユダヤ主義(アンチセミティズム)の源流の一つがキリスト教であることを発見した彼らは、そのことを白日の下に曝して根絶しようと乗り出した。だが、反ユダヤ主義の根は深く、大戦後もこの風潮に目立った変化がないことから、彼らの使命は重要性を増している。

そこで、キリスト教徒とユダヤ教徒のあいだに新たな対話が開かれた。欧米ではジュデイズムやイスラエルと新たな関係を模索するための組織がいくつもできた。この対話の試みの革新性は認めるが、次の二つの点において不十分である。

第一に、西洋世界では、多数の賛同者を獲得するに至っておらず、専門家のあいだの対話にとどまっている。イスラエルでは、喜んで対話の相手となるような人々が見つかりにくい。ほとんどの人は、そんな対話のことなど聞いたこともない。結局のところ、この対話はクリスチャンのあいだでの西洋モノローグでしかないといえよう。おまけに西洋の神学者たちは、中東のクリスチャンたちに対して、対話に参加させるどころか、相談することさえしなかった。そのような西洋式のキリスト教徒とユダヤ教徒の対話は抽象的なものにしかならず、アラブ人キリスト教徒たちは西洋的な視点を受け入れるか、ナショナリストとして切り捨てられるかのどちらかしか道がない。

第二に、この対話はパレスチナ人の運命にほとんど目を向けようとしない。ましてや、アメリカやヨーロッパやイスラエルがパレスチナ人に対して行なってきた不正に対処することなど望むべくもない。この「対話」はイスラエルという国家を完全な現実の姿でとらえようとはしないのだ。20世紀後半のパレスチナ人との関係、彼らを追放し、占領下に置いてきたというイスラエルの歴史は重要視されず、神学的思考に取り入れられることもない。

「アウシュヴィッツ以降の神学」は、いかにすれば反ユダヤ主義に陥らずにイエス・キリストについて語ることができるのかを問う。これまでのところ、その答えはイエスのユダヤ性を強調することに求められている。だが、ここから親ユダヤ的傾向や無批判のイスラエル支持が台頭してくることにもなった。その結果、この対話ではイスラエルが神話化され、その裏返しで「パレスチナ人」やPLOは悪魔のように描かれることとなった。「アウシュヴィッツ以前の神学」はたしかに反ユダヤ主義の要素を持っていたが、「アウシュヴィッツ以降の神学」は親イスラエル、反パレスチナ的な態度に陥りやすい。反ユダヤ主義に陥らずにイエス・キリストを語ることの必要性を説くのであれば、イエスのユダヤ性について語るときにも反パレスチナに陥らないようにという配慮も同時にまた必要だろう。

アウシュヴィッツとホロコーストを考えるにあたって今ひとつ重要なのは、神学と権力との関係、非力な者たちとの関係だろう。第三帝国の基本的な問題の一つは、いわゆるドイツ人キリスト教徒の神学が権力者のイデオロギーと結託したことだった。神の正義を自らの立場で解釈し、抑圧された者たち(ユダヤ人や非ユダヤ人)を救おうとするのではなく、ドイツのキリスト教神学は国家の行為を正当化し、その思想を宣伝する国家の手先になってしまった。そのために彼らは弱者の側に立ち、人権を擁護することができなかった。

そのような神学に貧しさを見た「アウシュヴィッツ以降の神学」は、本来あるべき場所に立ち戻ろうとした──力も権利も奪われた者たちの側に徹底して与することだ。第三帝国においてはユダヤ人が弱者であり、それゆえ「アウシュヴィッツ以降の神学」は彼らに対する債務について話し合い、新たな関係を犠牲者やその身内の者と結ぼうとするのだ。

だが状況は彼らがこの使命に着手した頃とはだいぶ変わっている。ユダヤ人はもはやヨーロッパには住んでおらず、パレスチナで自分たちの国を手に入れた。弱者を経験したことが、彼らを「権力の亡者」にした。かつて無力だったユダヤ人たちは、ユダヤ系アメリカ人の金と影響力を背景に、中東最強の軍隊、最新の兵器を持ち、核武装さえしたイスラエルという強国に変身した。

「アウシュヴィッツ以降の神学」は、このようなユダヤ人の権力の変化に十分な注意を払っていないと思う。彼らがユダヤ人への借りの清算にとりかかったとき、イスラエルは他所へ退避することなく領内に踏みとどまったアラブ人マイノリティを差別し、パレスチナ人を二流市民として扱うような仕組みをつくりつつあった。後には西岸とガザを軍事占領し、住民全体を無防備で無力な状態に押しやり、彼らの人権と独立を拒絶してきた。だが「アウシュヴィッツ以降の神学」は、この問題に対して何も言うことができない。


January 20, 2005

VAWW-NET ジャパン事務局 声明文


皆様
メディアその他で広く伝わっている「女性国際戦犯法廷」に対する誤解についての訂 正説明です。先の抗議文と内容はほぼ重なりますが、皆様からも「女性国際戦犯法 廷」について広めていただく時にどうぞあわせてお知らせ下さい。広くお知らせ下さいますようお願いいたします。
VAWW-NETジャパン事務局

******以下声明文 転送可*****
マスコミ、関係者各位
安倍晋三氏の事実歪曲発言について
 このたび、政治家によるNHKの番組介入が問題になっており、「政治家」として 名前が上がっている安倍晋三氏と中川昭一氏が、複数のメディアを通じてコメント、 または発言を行っています。中川氏は国内不在ということもあり、彼の発言の多くに 触れることはできませんが、安倍氏はこの間、頻繁にマスコミに登場し発言を行って います。その中で、安部氏は、女性国際戦犯法廷の事実関係について重大な事実歪 曲、誹謗・中傷を続けていますが、それに対してマスメディア側は知識不足、勉強不 足のためほとんど事実の間違いを指摘することができず、そのまま一般市民に垂れ流 されているという状況にあります。 歪曲された事実があたかも真実であるがごとく日本の市民の皆様に伝わっていくこ とは、女性国際戦犯法廷と「法廷」を主催した国際実行委員会の名誉を大きく傷つけ るものであり、何より「法廷」に正義を求めて被害8カ国から参加された64名の被害 女性の尊厳を甚大に侵害するものです。「法廷」には世界三十カ国以上から約400名 が参加し、三日間の審理にはおよそ1000人が傍聴し、最終日の判決概要に言い渡しは およそ1300人が傍聴しました。「法廷」の歪曲と侮辱は、こうした多くの人々に対し ても許されない行為です。安倍氏のこうした発言は、自らの行為を正当化するため、番組で取り上げた女性国際 戦犯法廷自体を貶めることで世論を味方につけようとしているものです。問題の論点 のすり替えが「法廷」の事実歪曲をもって行われていることは、今回の事件の真相を 明らかにする上でも大変問題であり、このことは、真実を明らかにする上で危険な流 れであるといえます。マスコミの皆様には問題の核心(番組に対する政治家の介入)を見失うことなく真実 を明らかにし、ジャーナリズムの役割を果たしていただきたく存じます。そのために は女性国際戦犯法廷の事実関係を正確に理解して頂くことは重要、不可欠なことであ ると考え、皆様に正確な事実を知っていただくため、ここに安倍発言の間違いを指摘 いたします。※以下に示す安倍氏の発言は、「報道ステーション」(1/13放送)、「ニユース23」 (1/13放送)、「サンデーモーニング」(1/16放送)、「サンデー・プロジェクト」 (1/16放送)などにおける発言、及び安倍氏が出したコメントに基づいています。
1、「被告と被告側の弁護人がいない」⇒ 女性国際戦犯法廷は、「日本国家の責任」を問うため、開催2ヶ月前に全裁判官 の名前で、当時首相であった森嘉朗氏に被告側弁護人(被告代理人)の出廷を要請し た。しかし、開催直前になっても何の応答もなかった。従って裁判官は「アミカスキ ュリエ」(法廷助言人※)という形で被告側の弁護を取り入れた。「法廷」では3名 の弁護士がアミカスキュリエとして被告側主張を行い、「慰安婦」問題についての日 本政府の立場や主張を明確に紹介し、被告が防御できない法廷の問題点を法廷のなか で指摘した。※Amicus Curiae 裁判所の求めに従い、裁判所に対し事件についての専門的情報また は意見を提出する第三者。英国の制度で、弁護人がいない場合、市民の中から弁護人 を要請できるという制度。
2、「裁判自体、とんでもない模擬裁判。模擬裁判ともいえない裁判」⇒ 女性国際戦犯法廷は「模擬裁判」ではなく権力を持たない市民の力によって実現 した国際的な民衆法廷である。法廷に出廷した被害証言者も、加害証言者も、被告人 も、判事も、すべて“実在する/した”人物であり、「法廷憲章」作成という手続き を踏んで、膨大な証拠資料と証言に基づいて当時の国際法を適用して裁いた民衆法廷 だった。「国家の法廷」のように「国家」に権威の源泉があるのではなく、大国やエ リートの道具だった国際法を市民の手に取り戻し、被害者を置き去りにしない正義の 実現を目指し、「国家の権威から無縁」であることによって得られる「普遍的正義」 を明らかにしようと、民衆法廷の開催を決意した。本法廷の意義はここにあるといえ る。「法廷」は、権力をもたない市民の力で、「慰安婦」被害者に被害をもたらした 加害者と加害事実を明確に示し、その責任を当時の国際法により明らかにした。繰り 返すが、女性国際戦犯法廷は民衆法廷であり、模擬法廷ではない。1999年に国際実行委員会を結成。ソウル会議、上海会議、マニラ会議、台北会議など でどのような「法廷」にするのか議論し、準備を進めていった。まず着手したことは 「法廷憲章」(前文と十五条の条文から成る。※1)の制定であった。「法廷」は 「法廷憲章」に基づき、立証と共に各国の被害者の証言や元日本兵の証言、専門家証 言などを行い、膨大な証拠資料や宣誓供述書を提出し、それに基づいて判決が下され た。判決は2001年12月4日、オランダのハーグで言い渡された。判決は1094パラグラフ (英文265ページ)にわたる膨大なもので、この判決は日本だけでなく世界の国際法 や人権に取り組む専門家、学者たちからもレベルの高さが評価されている。 女性国際戦犯法廷の開催については、国連人権委員会特別報告者クマラスワミ報告書 にも引用(※2)された。また、2003年に発表されたILO条約適用専門家委員 会所見は、「女性国際戦犯法廷」について、より詳細な引用と解説を行った。また、「法廷」は、国際刑事裁判所(ICC、1998年ローマで設立合意、2003年から オランダ・ハーグで始動)に先駆けて、戦争と武力紛争下の性暴力に対して果たすべ き役割を明らかにした世界史的にも意義ある試みであった。
※1「法廷憲章」は、前掲のVAWW-NET Japan編『女性国際戦犯法廷の全記録[?]』 緑風出版、27~32頁を参照。※2 2001年。「武力紛争下において国家により行われた、または容認された女性 に対する暴力報告書(1997-2000)(E/CN.4/2001/73)」
3、「主催者である松井やより」⇒ 女性国際戦犯法廷の主催は松井やよりではない。主催は国際実行委員会であっ た。国際実行委員会は日本と被害国(6カ国)、国際諮問委員会(第三国から国際法 の専門家6名が委員)で構成され、それぞれの代表者で共同代表が構成された。松井 やよりは日本の代表として共同代表の一人であった。
4、「裁判を始める時、主催者の松井やよりさんが、裁判の会場を九段会館に決めた のは悪の根源である皇居に一番近いからだと明言した」⇒ 女性国際戦犯法廷の初日、まず、国際実行委員会の共同代表3人(松井やより、 尹貞玉、インダイ・サホール)が挨拶した。「裁判を始める時」というのはこの時の 挨拶を指していると思われるが、松井はそのような発言は全く行っていない(※)。※VAWW-NET Japan編『女性国際戦犯法廷の全記録[?]』緑風出版、38~39頁を参照。ちなみに九段会館を会場にしたのは、1000名規模の人が集まれる会場と、300名規模 の宿泊ができる施設が併設していたからであり、予約を快く了承してくれる施設はこ こだけだった。 
5、「最初から結論ありきはみえみえ」⇒ 女性国際戦犯法廷は民衆法廷といっても、世界の五大陸から選ばれた世界的に信 頼の高い国際法の専門家や旧ユーゴ国際刑事法廷の裁判官ら(※1)によって、当時 の国際法を適用して、被害者・専門家・元軍人の証言や膨大な証拠資料(日本軍・日 本政府の公文書等を含む証拠文書)に基づき厳正な審理を経て、判決が出されたもの である。判決は、まず2000年12月12日に「認定の概要」が公表され、一年の休廷を経て2001年 12月にオランダ・ハーグにて「判決」が下された(※2)。主催者に対しても「認定 の概要」および「判決」は発表まで全く知らされず、「結論先にありき」という発言 は根拠なき誹謗中傷であり、「法廷」の事実に基づかない。また、旧ユーゴ国際刑事 法廷で裁判長をつとめたマクドナルド氏などの本法廷の裁判官たちの名誉を著しく傷 つけるものである。※1 <裁判官> ガブリエル・カーク・マクドナルドさん(アフリカ系米国女性/ 旧ユーゴ国際刑事法廷の前所長)、クリスチン・チンキンさん(イギリス人女性/ロ ンドン大学国際法教授)、カルメン・マリア・アルヒバイさん(アルゼンチン/アル ゼンチンの判事/2001年国連総会で、旧ユーゴ国際刑事法廷の判事に選出/現国際刑 事裁判所判事)、ウィリー・ムトゥンガさん(アフリカ人男性/ケニア人権委員会委 員長)、インド人男性の裁判官は病気のため欠席※2 <判決文全訳>に関しては、VAWW-NET Japan編『女性国際戦犯法廷の全記録[?]』緑風出版を参照。

6、「(女性国際戦犯法廷)は謀略。当時、拉致問題が問題化しているなかで、北朝 鮮を被害者の立場にすることで、この問題の鎮静化を図ろうとしていた。大きな工作 の中の一部を担っていた」⇒ そもそも拉致問題が問題化したのは2002年9月17日の日朝首脳会談以後のことで、「法廷」が開かれたのは2000年12月である。2000年12月時点で表面化していない 拉致問題の鎮静化を図るため、北朝鮮を被害者の立場にした工作活動の一環として 「法廷」を開催したなどというのは、事実無根の誹謗・中傷である。日本は朝鮮半島を植民地として支配したが、朝鮮人女性は植民地支配の一環として日 本軍の「慰安婦」にされたのである。しかし、日本は北朝鮮に対しては2000年当時い かなる意味でも謝罪・補償をしていない。そのため「法廷」の主催者である国際実行 委員会が被害国検事団への参加を呼びかけたのであり、その呼びかけに応じて北朝鮮 が参加した。その参加のし方は、他の被害国各国と同じである。
7、「検事に北朝鮮の代表者が二人なっている。工作活動していると認定されている 人たちを裁く側として登場させているというのも事実」⇒ いうまでもなく“裁く”のは「検事」ではなく裁判官。安倍氏の発言は事実と法 常識を逸脱している。念のため、女性国際戦犯法廷の検事について補足する。まず、 被害国を代表した首席検事はアフリカ系米国女性のパトリ・セラーズさん(旧ユーゴ とルワンダの国際戦犯法廷のジェンダー犯罪法律顧問)と、オーストラリアのウステ ィニア・ドルゴポルさん(国際法学者/国際法律家委員会のメバーとして、「慰安 婦」問題について調査し、勧告をまとめた)。 次に、そもそも北朝鮮検事団というのは存在しない。2000年6月の南北首脳会談 (金大中大統領=当時と金正日軍事委員会委員長)をきっかけに、北朝鮮と韓国は一 つとなって「南北コリア検事団」(韓国から5人、北朝鮮から4人、計9人で構成)が 結成された。南北コリア検事団長は韓国の検事(朴元淳)であった。安倍氏に「工作 員」と名指しされた黄虎男氏は、2000年当時「従軍慰安婦」・太平洋戦争被害者補償 対策委員会の事務局長であった。なお、「法廷」には各国から検事団が参加した。南北コリア(韓国と北朝鮮)だけで なく、ほかに中国、台湾、フィリピン、インドネシア、日本も検事団が参加した。検 事団は組まれなかったが、オランダ、東チモールからも被害者の証言が行われた。 (マレーシアはビデオ証言)
■補足番組の中の秦郁彦コメントについて・ 番組は、秦郁彦氏を「法廷に参加した歴史家」と紹介しているが、秦氏は三日間 の審理を傍聴してはいない。彼が参加したのは最終日の判決概要の言い渡しだけ。従 って、発言内容は事実誤認が見られ、秦氏の歴史認識と法廷の事実関係が混同し、誤 った事実を視聴者に伝える内容があった。・ 一事不再理を主張しているが、「慰安婦」制度については東京裁判では裁かれて いない。女性国際戦犯法廷は民衆法廷であるが、位置づけは東京裁判の継続裁判。
以上、安倍氏の発言の事実関係の誤りをいくつか取り出して指摘しましたが、更に性 格、詳細にお知りになりたい場合は、『女性国際戦犯法廷の全記録?』(※審理の記 録)『女性国際戦犯法廷全記録?』(※起訴状、判決全文掲載)などを参照してくだ さい。※この2冊は共に緑風出版から刊行されています。ちなみにこれは全6巻シリーズの一 部であり、このシリーズは出版社としては名誉ある梓賞を受賞しました。
皆様が論点をずらされることなく、事実誤認の情報にとらわれることなく、政治家の 番組介入の問題を正面から取材し、真実が明らかにされるまで、いかなる政治的圧力 に影響されることなく、屈することなく、真実と正義を追求していただきますこと を、心から願っております。
2005年1月17日「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク (VAWW-NETジャパン)


September 26, 2004

聖公会もイスラエル・ボイコットに動く

23日に麻布の聖アンデレ教会で行なわれた聖公会エルサレム管区のリア・アブ・エル=アサール主教ら8人の教会関係者との交流会は、聖地におけるアラブ・キリスト教徒の歴史や現在の位置についての認識が深まり、また聖職者のラディカルな一面を再認識させられたとても貴重な体験でした。ナザレ出身のリア主教の自伝「アラブ人でもなくイスラエル人でもなく」は、イスラエル・アラブの立場を知るためにも興味ぶかい本です。

さて、その聖公会(もとはアングリカン=英国教会ですが、新大陸に移ったものはエピスコパリアン=米国聖公会として英国教会とは一線を画しているようです)の中に、イスラエルに対するボイコット運動を推進する動きが出てきたようです。教会内部の有力グループが推進しているということですが、これが総会で承認されれば、7月にボイコットを決定した米プレスビテリアン教会(信徒300万人)に加えて、イギリスとアメリカに信徒7500万人を有する聖公会がイスラエルへの制裁措置に動くことになります。

キリスト教会からこのような動きがでてくる背景には、アメリカ南部の原理主義キリスト教右派がシオニズムを支持し、現政権の中東政策の大きなファクターとなっていることに対する警戒もあるようです。キリスト教会も一枚岩ではないということで、今後の展開が注目されます。

イスラエルの現行制度にアパルトヘイト時代の南アフリカとの類似性を認め、かつての反アパルトヘイト運動と同じような国際ボイコットを呼びかける声は次第に具体性を帯びてきているようです。各国政府レベルではアメリカへの遠慮からそのような措置をとることはまず無理でしょうが、教会や大学や組合運動など非政府組織のあいだで組織的なボイコット運動が広がる可能性はあるようです。大学ではイラン・パペがハイファ大学から追放されかけた事件に見られたような学問の自由への弾圧に反発してボイコットの呼びかけが挙がっているようです。

Anglican group calls for Israel sanctions (ガーディアンの記事)

September 25, 2004

サイードの刻印




サイードが亡くなって、もう一年が経ちました。今ごろはパリ大学で一周年の行事をやっているはず。

本人の語りはもう聞くことができませんが、さまざまな人たちの行動や発言や作品のなかにサイードの言葉のエッセンスが底辺に流れているのを察知できる機会が少なくないということに、亡くなった後になって気がつきました。それは単なる一連の語彙や思考のスタイルという表層的なものではなく、ものの見方が決定的に変ってしまったというような根源的な影響です。さまざまな分野でその刻印を感じさせるものに出会うたびに、そこに故人の存在を感じるので、ほんとうに死んでしまったようには感じられません。死者がほんとうに死ぬのは、それを記憶する人たちもいなくなり、完全に忘れ去られたときであるとすれば、サイードがほんとうに死ぬことはないのかも。

昨年、サイードが亡くなった直後に書かれたナイジェル・パリーの追悼文を、山田和子さんが訳してくださいました。一年を経て今これを読むと、当初は喪失感に圧倒されて見えにくかった建設的な希望のサインがずっとはっきり読み取れる気がします。

自分たちの言葉で語る──エドワード・サイードとパレスチナとインターネット

バグダッドのアル ムルワッス(Al-Murwass)劇団が初来日

タイニイアリスの西村博子さんから、イランの劇団の公演のお知らせと支援の願いがきています


***********************************************
―― 見てください 支援してください ――<転送歓迎>

いよいよこの10月、小劇場タイニイアリスの招聘により、バグダッドの「アル-ムルワッス劇団」が、下記日程のように、日本にやってくることになりました。 モハメッド・シャカール構成・演出“Message Carried by ship from Iraq (イラクから、船乗りたちのメッセージ)”です。→ ここ

独裁政治の下バグダッドでは、長い間「活動を禁じられていた劇作家」、演劇人たちガ、フセインの像が倒されたすぐその翌日、劇場を略奪から守るために「銃をと」って立ち上がり、ただちに「イラク人による自前の文化の創造」めざして「新しい演劇を作る動き」を開始した(鶴原徹也特派員「政治の道具 もうこりごり」 読売新聞2003.9.4)と報じられました。
こんどイラクから初来日する「アル-ムルワッス劇団」の一行20人もそういう新しい「動き」の一つ。最も早い先駆けです。
「新しい方法と美しい絵」を標榜して戦後すぐに立ち上がったこの「アル-ムルワッス劇団」 ――正確にいうと Al-Murwass Group Folklore and Modern Arts――の「イラクから、船乗りたちのメッセージ」は、バスラ地方の伝統的な民族楽器を使い、歌や踊りもふんだんに採り入れながら、バグダッドの今!を日本の観客に伝えよう(メッセージしよう)というものです。ちょうど、かつて「船乗りシンドバッド」の老シンドバッドが、自分の体験した七つの冒険を、同じ名の若者シンドバッドに語り伝えたように――。

日本のTVに連日のように爆破事件が報道される合間あいまを縫うようにしてモハメッド・シャカールさんからのメールは、「稽古してます」「稽古をまたはじめました」「誇りを持って日本のみなさんに見てもらえるよう、必ず良い舞台を作ります」……その様子を伝えて来てくれました。が、突然、そのメールは「グループの一人が爆破事故に遭いました」「バグダッドから逃げ出した劇団員もいます」「バグダッドはいま地獄です」(6.4)と変わりました。「ぼくはもうヘトヘトです」とも。
そしてとうとう、「彼女が亡くなりました」(6.17)というメールがきました。けれどもその終わりには再び、こうあったのです。「僕たちはまた稽古をはじめました」と――。
実際に彼らの舞台を見、実際に彼らの言葉を聞けば、私たちの知らないバグダッドがもっともっと鮮明になるに違いありません。ぜひ彼らの舞台を見てください。未来に向かって彼らの創造活動を支援してください。
みなさまの暖かいご支援を心よりお願い申し上げます。


お 願 い
① 来日公演を満席にて成功させるために、ぜひチケットを買ってください。(前売り3,000円、当日3,500円、学生割引2,000円)
※ 最小限に切り詰めた諸経費のほかは、すべてアル-ムルワッス劇団およびイラク演劇界にお渡しします。
② 友人、知人の方へ。 お一人がまたお一人へと、どうぞこの来日公演とイラク演劇支援の呼びかけをお伝えください。
③ 別に、郵便口座を開きご寄付も募ります。1口1,000円より。どうぞご協力、ご宣伝をお願いいたします。
口座番号00180‐6‐371247 口座名称イラク演劇を支援する会
※ すべてアル-ムルワッス劇団およびイラク演劇界にお渡しいたします。(振込み料金:1 万円まで70円)

来日公演・日程
・10月6日(水) シンポジウム「イラクの今! バグダッドの街、バグダッドの演劇」:ジャパン・ファンデーション・フォーラム
(日本演出者協会・国際交流基金共催) <東京 港区赤坂2丁目> <問合せ:タイニイアリス>
10月7日(木)~9日(土) (3回公演):ジャパン・ファンデーション・フォーラム(国際交流基金共催) 〈同上〉
10月12日(火)~14日(木) (3回・交流公演):タイニイアリス <東京新宿2丁目仲通り>
・10月18日(月) シンポジウム「同タイトル」:名古屋女性会館(日本演出者協会共催)
10月19日(火)~20日(水) (3回公演):名古屋千種文化劇場(通称 ちくさ座) (NPO法人円形劇場ちくさ座の会共催)
<名古屋千種区千種3丁目 〉  <問合せ;052-733-0444>
・10月21日(木) シンポジウム「同タイトル」:アリス零番舘-IST
(日本演出者協会共催)
10月22日(金)~24日(日) (5回公演):アリス零番館- I ST
<大阪市中央区南船場 1丁目>  <問合せ:06-6261-2876>

イラク演劇を支援する会
事務局・問合せ:Tiny Alice NOP ARC
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-6-B1
Tel&Fax 03-3354-7307
tinyalice@tokyo.email.ne.jp

イラク演劇を支援する会
青柳敦子
明樹由佳
朝倉 摂
永井 愛
天野鎮雄
くまがいまき
坂手洋二
篠原久美子
篠本賢一
福島明夫
日色ともゑ
ふじたあさや
山田 昌
流山児祥
渡辺えり子
和田喜夫
鳳 いく太
丹羽文夫
西村博子
(2004.8.15現在。あいうえお順 敬称略)

September 18, 2004

スタイルの統一という名の解釈の押しつけ

エディターという仕事に内在する権力と驕り、罪深さを露呈させる記事。
カナダ最大の新聞チェーンCanWest Clobalが、ロイターなどの通信社から配信される中東関係の記事に、勝手に「テロリスト」という言葉を挿入して意味を改ざんしているとして非難されています。例えば、
"...the al-Aqsa Martyrs Brigades, which has been involved in a four-year-old revolt against Israeli occupation in Gaza and the West Bank." (ガザと西岸でのイスラエルの占領に対する4年前からの反乱にかかわってきたアルアクサ殉教者団は・・・)

これが、次のように変えられます
"...the al-Aqsa Martyrs Brigades, a terrorist group that has been involved in a four-year-old campaign of violence against Israel." (4年前から始まった反イスラエル武力闘争にかかわってきたテロリスト集団アルアクサ殉教者団は・・・)

CanWest の系列紙 Ottawa Citizenのエディターは、AP配信のファルージャに関する記事で占領への反乱に対して7回も「テロリスト」という言葉をつけ加えたことは不適当であったと認めましたが、一定の集団(おもにアラブ系の)については「テロリスト」と表記するのが当社の編集方針なのだと説明したそうです。言い換えたことをいちいち読者に断る必要はないというのが彼の判断。「スタイルを整えるために編集しているのです。世の中で起こっていることを明確で一貫性のあることばで説明するために編集しているのです。そこに間違いが生じれば、かならず訂正しています」

うーん、おそろしい。

原文はここ→
CBC News - CBC News: Newspapers accused of misusing word 'terrorist'