July 18, 2004

コロンビア大学で行なわれたサイードのメモリアル・サービスの映像

昨年秋、サイードが亡くなったすぐ後にコロンビア大学で催されたメモリアルの様子がインターネットビデオで観られるようになっています。 → ここ

いろいろな人のスピーチが並んでいるのですが、なかでも娘さん(ナジュラ)、息子さん(ワディー)、主治医のカンティ・ライ(最後はお友達になってしまったらしい)、教え子で同僚のガウリ・ヴィスワナタン(Masks ofConquest を書いた人)、友人としてのバネッサ・レッドグレーブ(サイードがファンであることは気が付いていましたが、これもまたお友達になってしまったようです)などが語るエピソードが、それぞれにとても面白いです。どれもみな面白いエピソードを含んでいて一見に値するので、ぜひごらんください。バレンボイムの欄もあるのですが、残念ながらリンクづけが間違っているらしく、別の人のスピーチが出てきます。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home