August 15, 2004

シオニズムと映画

国際交流基金でイスラエル映画とアラブ映画の上映があります。この機会にぜひご覧ください。四方田さんは、この春にイスラエルに行ってこられたのでそこで仕込んだレアものも見せていただけるようです。
***********************************
2004年8月31日(火)18:00   イスラエル映画 『デスペラード・スクエア』 1999年(92分)上映後   講演「シオニズムと映画」(講師:四方田犬彦)
会場
赤坂・国際交流基金フォーラム東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー1F東京メトロ 銀座線・南北線「溜池山王」駅12番出口より1分
講師略歴
四方田犬彦(Prof. YOMOTA Inuhiko)1953年生まれ。明治学院大学教授、映画評論家。主著『モロッコ流謫』(集英社)『白土三平論』(作品社)『ハイスクール1968』(新潮社)など多数。2004年3月~7月、文化庁より「文化交流使」として派遣されイスラエルに滞在。テルアヴィヴ大学、ヘブライ大学などで日本映画史を講じ、またイスラエル映画史に関する調査研究を行った。本講演会では、映画史初期から現在までの貴重な映像資料を使ってイスラエル映画の歴史と現状について論じるとともに、『デスペラード・スクエア』に出演している映画作家モハメド・バクリなど、中近東の映画人との交流についてもふれる予定。
作品紹介
『デスペラード・スクエア』 Desperado Square(イスラエル/1999年/92分)監督:ベニー・トラーティ 出演:ヨナ・エリアン、モハメド・バクリ夢枕に立った元映画館主の亡父の言葉に従い、閉館した映画館を復活させようと奔走する二人の息子。だが、復活記念作品であるラージ・カプール主演のインド映画『合流点』には、母の秘められた過去が隠されていた…。テルアヴィヴ南部のユダヤ人コミュニティを舞台に、銀幕への思いが花開くイスラエル版『ニュー・シネマ・パラダイス』。
主催
独立行政法人 国際交流基金
運営協力
ぴあ(株)
フィルム提供
イスラエル大使館、(財)国際文化交流推進協会(ACE Japan)
入場料金
当日1回券800円、当日3回券2,100円(前売券はありません)*
【お問い合わせ】映画講座事務局(ぴあ(株) PFF事務局内)Tel:03-3265-1425

0 Comments:

Post a Comment

<< Home