September 25, 2004

バグダッドのアル ムルワッス(Al-Murwass)劇団が初来日

タイニイアリスの西村博子さんから、イランの劇団の公演のお知らせと支援の願いがきています


***********************************************
―― 見てください 支援してください ――<転送歓迎>

いよいよこの10月、小劇場タイニイアリスの招聘により、バグダッドの「アル-ムルワッス劇団」が、下記日程のように、日本にやってくることになりました。 モハメッド・シャカール構成・演出“Message Carried by ship from Iraq (イラクから、船乗りたちのメッセージ)”です。→ ここ

独裁政治の下バグダッドでは、長い間「活動を禁じられていた劇作家」、演劇人たちガ、フセインの像が倒されたすぐその翌日、劇場を略奪から守るために「銃をと」って立ち上がり、ただちに「イラク人による自前の文化の創造」めざして「新しい演劇を作る動き」を開始した(鶴原徹也特派員「政治の道具 もうこりごり」 読売新聞2003.9.4)と報じられました。
こんどイラクから初来日する「アル-ムルワッス劇団」の一行20人もそういう新しい「動き」の一つ。最も早い先駆けです。
「新しい方法と美しい絵」を標榜して戦後すぐに立ち上がったこの「アル-ムルワッス劇団」 ――正確にいうと Al-Murwass Group Folklore and Modern Arts――の「イラクから、船乗りたちのメッセージ」は、バスラ地方の伝統的な民族楽器を使い、歌や踊りもふんだんに採り入れながら、バグダッドの今!を日本の観客に伝えよう(メッセージしよう)というものです。ちょうど、かつて「船乗りシンドバッド」の老シンドバッドが、自分の体験した七つの冒険を、同じ名の若者シンドバッドに語り伝えたように――。

日本のTVに連日のように爆破事件が報道される合間あいまを縫うようにしてモハメッド・シャカールさんからのメールは、「稽古してます」「稽古をまたはじめました」「誇りを持って日本のみなさんに見てもらえるよう、必ず良い舞台を作ります」……その様子を伝えて来てくれました。が、突然、そのメールは「グループの一人が爆破事故に遭いました」「バグダッドから逃げ出した劇団員もいます」「バグダッドはいま地獄です」(6.4)と変わりました。「ぼくはもうヘトヘトです」とも。
そしてとうとう、「彼女が亡くなりました」(6.17)というメールがきました。けれどもその終わりには再び、こうあったのです。「僕たちはまた稽古をはじめました」と――。
実際に彼らの舞台を見、実際に彼らの言葉を聞けば、私たちの知らないバグダッドがもっともっと鮮明になるに違いありません。ぜひ彼らの舞台を見てください。未来に向かって彼らの創造活動を支援してください。
みなさまの暖かいご支援を心よりお願い申し上げます。


お 願 い
① 来日公演を満席にて成功させるために、ぜひチケットを買ってください。(前売り3,000円、当日3,500円、学生割引2,000円)
※ 最小限に切り詰めた諸経費のほかは、すべてアル-ムルワッス劇団およびイラク演劇界にお渡しします。
② 友人、知人の方へ。 お一人がまたお一人へと、どうぞこの来日公演とイラク演劇支援の呼びかけをお伝えください。
③ 別に、郵便口座を開きご寄付も募ります。1口1,000円より。どうぞご協力、ご宣伝をお願いいたします。
口座番号00180‐6‐371247 口座名称イラク演劇を支援する会
※ すべてアル-ムルワッス劇団およびイラク演劇界にお渡しいたします。(振込み料金:1 万円まで70円)

来日公演・日程
・10月6日(水) シンポジウム「イラクの今! バグダッドの街、バグダッドの演劇」:ジャパン・ファンデーション・フォーラム
(日本演出者協会・国際交流基金共催) <東京 港区赤坂2丁目> <問合せ:タイニイアリス>
10月7日(木)~9日(土) (3回公演):ジャパン・ファンデーション・フォーラム(国際交流基金共催) 〈同上〉
10月12日(火)~14日(木) (3回・交流公演):タイニイアリス <東京新宿2丁目仲通り>
・10月18日(月) シンポジウム「同タイトル」:名古屋女性会館(日本演出者協会共催)
10月19日(火)~20日(水) (3回公演):名古屋千種文化劇場(通称 ちくさ座) (NPO法人円形劇場ちくさ座の会共催)
<名古屋千種区千種3丁目 〉  <問合せ;052-733-0444>
・10月21日(木) シンポジウム「同タイトル」:アリス零番舘-IST
(日本演出者協会共催)
10月22日(金)~24日(日) (5回公演):アリス零番館- I ST
<大阪市中央区南船場 1丁目>  <問合せ:06-6261-2876>

イラク演劇を支援する会
事務局・問合せ:Tiny Alice NOP ARC
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-6-B1
Tel&Fax 03-3354-7307
tinyalice@tokyo.email.ne.jp

イラク演劇を支援する会
青柳敦子
明樹由佳
朝倉 摂
永井 愛
天野鎮雄
くまがいまき
坂手洋二
篠原久美子
篠本賢一
福島明夫
日色ともゑ
ふじたあさや
山田 昌
流山児祥
渡辺えり子
和田喜夫
鳳 いく太
丹羽文夫
西村博子
(2004.8.15現在。あいうえお順 敬称略)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home