September 18, 2004

スタイルの統一という名の解釈の押しつけ

エディターという仕事に内在する権力と驕り、罪深さを露呈させる記事。
カナダ最大の新聞チェーンCanWest Clobalが、ロイターなどの通信社から配信される中東関係の記事に、勝手に「テロリスト」という言葉を挿入して意味を改ざんしているとして非難されています。例えば、
"...the al-Aqsa Martyrs Brigades, which has been involved in a four-year-old revolt against Israeli occupation in Gaza and the West Bank." (ガザと西岸でのイスラエルの占領に対する4年前からの反乱にかかわってきたアルアクサ殉教者団は・・・)

これが、次のように変えられます
"...the al-Aqsa Martyrs Brigades, a terrorist group that has been involved in a four-year-old campaign of violence against Israel." (4年前から始まった反イスラエル武力闘争にかかわってきたテロリスト集団アルアクサ殉教者団は・・・)

CanWest の系列紙 Ottawa Citizenのエディターは、AP配信のファルージャに関する記事で占領への反乱に対して7回も「テロリスト」という言葉をつけ加えたことは不適当であったと認めましたが、一定の集団(おもにアラブ系の)については「テロリスト」と表記するのが当社の編集方針なのだと説明したそうです。言い換えたことをいちいち読者に断る必要はないというのが彼の判断。「スタイルを整えるために編集しているのです。世の中で起こっていることを明確で一貫性のあることばで説明するために編集しているのです。そこに間違いが生じれば、かならず訂正しています」

うーん、おそろしい。

原文はここ→
CBC News - CBC News: Newspapers accused of misusing word 'terrorist'

0 Comments:

Post a Comment

<< Home