March 08, 2006

サイードの映画の完成記念講演―大江健三郎とマリアム

佐藤真監督の映画「エドワード・サイード OUT OF PLACE」は5月からアテネフランセでのロードショーが決定し、それに先駆けて記念上映と講演が行われます。映画の製作に多大な援助をいただいたサイード夫人マリアムさんがニューヨークから来日してご挨拶し、サイードと友人だった大江健三郎さんがなさいます。 大江さんの講演のテーマはちょうど4月に発売になるサイードの新刊『後期スタイルについて』です。
これは晩年にサイードがこのテーマで書きためていた論文の集成で、一部はすでにThe Nation誌やLondon Review of Booksに発表されており、音楽や文学や映像など様々な分野において作家の晩年の作品の中に、迫り来る死がどのように異様に侵入してくるかを論じています。ベートーベン、ジュネ、カヴァフィス、アドルノ、グレングールドなどをとりあげて、晴朗とした円熟の境地ではなく、むしろ混沌と破壊に向かう荒涼とした後期スタイルに注目し、それが時代の先を先取りする予兆となっていると論じています。作家大江健三郎は、これをどのように自らにひきつけて論じるのでしょう。

詳細は以下のとおりです
  ********* ************ *******
4月29日(土)「エドワード・サイード OUT OF PLACE」
完成記念上映会+大江健三郎講演会を開催します。

日時:2006年4月29日(土) 14時30分開場
   15時~「エドワード・サイード OUT OF PLACE」上映
   18時~あいさつ:マリアム・サイード 講演:
大江健三郎「《後期のスタイル》という思想―サイードを全体的に読む―」
場所:九段会館 大ホール
入場料:当日券:4,000円/前売券:3,500円
※チケットぴあ(Pコード:551-978)にて販売中!

0 Comments:

Post a Comment

<< Home