May 20, 2006

パレスチナカフェ・イベント情報 (暫時追加)

パレスチナカフェのイヴェント、気がついたものから順次 はりつけています

*****************************************
ヒロシマでの計画が最終的に確定しました。

6月19日 19時 平和公園内、平和記念資料館東館・地下会議室
ロンドンイスラム政治思想研究所所長:アザーム・タミーミー氏「パレスチナからヒロシマへ」 
ハマースの勝利、ハマース政府の今後の行方、経済制裁下での人々の生活 など、
ヒロシマではパレスチナの方から直接お話が聞ける稀な機会です。

6月23日 17時 広島大学総合科学部K210古居みずえさんのお話を聞く
<課外授業>なぜ,パレスチナに関わるのか、ジャーナリストという仕事、ドキュメンタリーの可能性
若い学生たちに、古居さんの生き方がどう響くか、とても楽しみにしています。パレスチナは私たちの外にあるんじゃない、わたしたちの問題そのものだと議論できれば嬉しいです。
19時からは、交流会となります。
呼びかけ人:広大教員 吉村慎太郎、古東哲明、布川弘さんなど

6月24日 13時 東広島市中央公民館小ホール 
ドキュメンタリー『ガーダ パレスチナの詩』上映会 古居みずえ監督のトーク 15:45より

6月25日 13時 平和公園内、平和記念資料館東館・地下会議室 
ドキュメンタリー『ガーダ パレスチナの詩』上映会 古居みずえ監督のトークと宇野昌樹(広島市立大)さんの対談 15:30より

**************************************************
6月11日(日)マルハバ・パレスチナ at カフェスロー
主催JAPAC
プログラム
第一部
・13時 映画「」ジェニン ジェニン上映
第二部
・15時30分 リレートーク:長沼恭佳・重信メイ・高坂和彦談論
・展示(バラータ・キャンプの子供たちの絵)など
参加費:1000円(1ドリンクつき)
カフェスロー 府中市栄町1-20-17
℡:042-314-2833
京王線府中駅から国分寺駅南口行きバス京王ストア栄町下車、道なり15m先右側
JR国分寺駅南口から府中駅行きバス藤塚下車   




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 <5/23> マルハバ! パレスチナ・カフェ@JVC 第1弾
  ~ 刺繍からみえるパレスチナ女性の暮らしと文化 ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パレスチナには、女性たちが自分たちのドレスに施してきた、美しい
刺繍の伝統があるのをご存知ですか? 小麦、ブドウ、オリーブなど
自然をモチーフにした模様や、地域ごとに違う糸の色使いやパターン
など、刺繍を通して豊かな文化が培われてきました。JVCでは、2003年
からベツレヘムのベイトジブリン難民キャンプの女性たちの刺繍活動を
支援してきました。今回は、刺繍を通して見えてくるパレスチナの風土
や文化、そして難民となった女性たちの歴史と現在の暮らしを、JVC
パレスチナ現地調整員の藤屋リカがドレスや現地の写真などをお見せ
しながらじっくり解説します。軽いパレスチナのお食事とアラビック
コーヒーをいただきながらのトーク企画です。ぜひお越しください!

【日 時】2006年5月23日(火)開場19:00 19:30~21:30
【場 所】日本国際ボランティアセンター(JVC)2階会議室
     東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル
【講 師】藤屋リカ (JVCパレスチナ事業・現地調整員)
【参加費】1000円(軽食・コーヒー付き)(JVC会員500円)
【定 員】25名
【申込み】Eメール:saudade@... (担当:田村)
     TEL:03-3834-2388 FAX:03-3835-0519
【主 催】日本国際ボランティアセンター(JVC)
 台東区東上野1-20-6丸幸ビル6F 
URL: http://www.ngo-jvc.net/

★女性たちの刺繍の記事などは以下の緊急栄養支援を開始しました
└------------------------

*************************************************
パレスチナカフェ  in 羽生  
今、パレスチナは 強力な後ろ盾もなく、かつてのヨーロッパでの「被害者」であるユダヤ人 が、パレスチナの大地にやって来て、パレスチナ人に対する「加害者」になる という、これまで人間が経験したことのない困難な状況をパレスチナの民衆は 活きています。 西欧「帝国主義」の矛盾を、いわれもなく覆い被されて暮らしているパレス チナの民衆の日常を、忙しい日々ですが、ふっと時間を作って考えてみません か。 講演会などと構えたものではなく、自由に、ゆったりとした時間の中で、世 界が早急に解決をつなければならない問題を、わたしども日本人がどう考えれ ばいいのか、互いに語り合いましょう。 アルメニアの、アイルランドの、そしてパレスチナの民衆と、どこかで繋が っていたいのです、わたしどもは。  パレスチナの今に関しての専門家も、語り合いの一員として参加されます。 

とき:6月4日(日)午後12時30分~5時 
ところ:埼玉県羽生市桑崎1331-2      
日本キリスト教団羽生伝道所     
電話 : 048-561-7612     
参加費:500円     オリーブの葉を利用して紙すきをします。材料費です。


報告: 埼玉の最北の地、羽生にてパレスチナカフェを開催しました。都心部からは交通の便も悪い、寂しい町ですが、30名近い方々のご参加で盛況 に終わりました。オリーブの葉を使っての紙漉作業を通して、パレスチナに思いを寄せて頂けれ ばと願って開催しました。紙漉は中野真紀子さんのご指導で、大成功で、最高年齢93歳から2歳のお子さ んまで、自然に囲まれた戸外での紙漉を楽しんで行いました。皆さん、御自分で作られた作品を画板に貼り付けてお持ち帰り頂きました。作業の後は、パレスチナ料理や、お隣の加須市の無農薬農家の方が差し入れて くださった謎のお酒で、楽しくおしゃべりをして、更に、参加してくれた藤田 進さん(東京外語大・アラブ史)のお話を聞いたり、予定の時間を超えて有意 義な時間を過ごせました。来年も引き続き、カフェを実現させて行こうと考えています。

私どもは、長らく、ガザにあるパレスチナ人による唯一の病院「アハリー・ア ラブ病院」を支援しています。今回、「アハリー・アラブ病院通信」の最新号が出来ました。ガザからの、パレスチナ人による直接の報告が掲載されています。病院へのカンパをお願いするために無料で配布しております。もし、どこかで配布してくださる方、お読みになりたい方がおられましたら、 ご連絡ください。お送りします。これから、各地で行われるカフェも成功することを願っています。
羽生伝道所/アハリー・アラブ病院を支援する会 星山京子


===================================


シビックアクション千葉では、これまでもパレスチナをテーマにした取り組みを
重ねてきました。2002年11月にはパレスチナとイスラエルの子どもたちの
交流を捉えたドキュメンタリー映画「プロミス」の上映会。2004年11月には
「森沢典子さん講演会~パレスチナから見えるもの」・・・。

そして、この度、私たちはさらに混迷するパレスチナ情勢を受けて、有志に呼び
掛け、「パレスチナへのまなざし」(主催:実行委員会)と題するイベントを開催
する運びとなりました。

このかん、イスラエルはガザ地区からの対話なき「撤退」の一方で、国際的な
非難をよそに占領地を固定化する「分離壁」の建設を続けています。ハマスは
正当な選挙によりパレスチナ評議会での多数派に躍り出ました。イスラエル
の総選挙では新党カディマが躍進を見せています。そして「難民に対する経済
制裁」とまでいわれる欧米諸国によるハマス政権下のパレスチナへの支援打
ち切りが断行されました。

こうしたなかで私たちは、今起きていることの源流をたどり、現地に暮す人々
の様子に目を向けることを通して、パレスチナ問題の理解につながる糸口を
見出していきたいと考え、再び森沢典子さんを迎えてお話を伺おうと考えました。

つねにパレスチナの人々に寄り添い、高見から状況を語ることをしない森沢
さんは、かつてハマスの幹部に会い、対イスラエル武装闘争への率直な疑問
を直接投げ掛けたことがあるそうです。そんな森沢さんが現状にどんな思いを
抱くのか・・・?きっと、有意義なお話が伺えるものと思います。
また、今回の講演会では、広河隆一さんの膨大なパレスチナ映像をもとに現
在製作中の長編ドキュメンタリー映画から特別に一部を上映することが許され
ました。大変貴重な映像です。是非、この機会にご覧下さい。

講演会に先立って開催される広河隆一さんの写真展とあわせて、皆様のご来
場をお待ちいたしております。

◎◎●━━━━━━
◎● パレスチナへのまなざし
     ━━━━━━━━━★

広河隆一パレスチナ写真展(無料)
会場●千葉市女性センター・展示コーナー
日時●5月26日(金)11時~20時
     27日(土)10時~19時
     28日(日)10時~14時

森沢典子さん講演会
会場●千葉市女性センター・ホール
日時●5月28日(日)13:30~
入場カンパ●一般・1000円 学生・500円

主催●「パレスチナへのまなざし」実行委員会
開催呼び掛け●シビックアクション千葉
後援●千葉市教育委員会

=====================================




5月14日(日)19:00開演『平和への祈りをこめて(アラブ、イラン、アフガン
の唄と音楽)』●出演:佐藤圭一(oud,rubab)慶九(vocal)やぎちさと(perc.)、
●場所:キッド・アイラック・アートホール(明大前駅)
●入場料2.500円、ワンドリンク付き●予約03-3322-5564

5月15日(月)『詩の夕べ--ナタリーとファドア』(ファドワ・トゥッカーン)
5月16日(火)『パレスチナ・ヒップホップ・CDコンサート』
5月17日(水)『Olive Project KEEP HOPE ALIVE 映像作品上映』
●いずれも会場はキッド・アイラック・アートホール(明大前駅)、20:00開始

5月16日(火)19:00-23:00●場所:交流イベントスペースあかね(地下鉄東西線早稲
田駅下車、徒歩3分●料金:無料(チャージ200円、他飲み物・食べ物等注文と交通
費等のカンパ。●講師:皆川万葉さん「パレスチナ・オリーブ」代表
●内容:ワークショップ『マルハバ・パレスチナ!──パレスチナを知ろう!』

報告:パレスチナ・オリーブの皆川万葉さんをお迎えしての「あかね」でのイベントは、パレスチナ支援を今後していきたいという早稲田の学生さんたちのグループ参加もあり、大変盛況に終わりました。宣伝にご協力いただいたことに感謝いたします。そして今後とも「あかね」をよろしくお願いいたします。あかねのホームページは以下です。http://akane.e-city.tv/

5月23日(火)19:30-21:30●場所:日本国際ボランティアセンター(JVC)
2階会議室(台東区東上野1-20-6丸幸ビル)●講師:藤屋リカ(JVCパレスチナ
現地調整員)●参加費:1000円(軽食・コーヒー付き・JVC会員500円)
☆パレスチナ・カフェ『刺繍からみえるパレスチナ女性の暮らしと文化』
(TEL 03-3834-2388 saudade@...)

5月28日(日)13:30-15:30●場所:日本国際ボランティアセンター(JVC)
2階会議室(台東区東上野1-20-6丸幸ビル)●参加費 お茶代500円
●主催:JVCパレスチナボランティアチーム●内容:ディスカッション
☆パレスチナ・カフェ『みんなで話そう!これからのパレスチナ支援』
(TEL 03-3834-2388 saudade@...)

6月4日(日)14:00-17:00●場所:上の原会館(小金井市本町5-6-19)
TEL:042-381-9911(武蔵小金井駅北口下車徒歩7分)
●内容:ビデオ「プロミス」上映と討論 ●参加費:お茶代500円
●企画団体:小金井平和ネット ●連絡先:土井利彦
(tel 070-5592-6791、toshihiko@...)

パレスチナカフェin小金井の報告:
6・4パレスチナカフェin小金井を開催しました。この企画は、地域の平和運動グループ「小金井平和ネット」が主催しました。この団体は、2001・9・11を契機に、地域から平和を考え、行動していくグループとして発足しました。これまで、アフガン、イラクの戦争について、日本での住基ネット問題について、などなど少しずつ議論を行い、集会やデモなどにも参加してきました。今回は、市内の会員を中心に10数名が参加して、コーヒー、紅茶、手づくりクッキーなどを味わいながら、ビデオ「プロミス」を鑑賞し、夕方5時までパレスチナの子どもたちについて、パレスチナの将来について、などなど、話が弾みました。中には、遠くから参加してくださった方もいました。これを機会に、小規模でも身近なところで、こうした会合を頻繁に行いたいと考えています。もちろん、来年も是非開催したいと思います。

6月11日(日)13:00-
●場所:府中カフェスロー、●内容:ビデオの上映・お話(長沼恭佳、重信メイな
ど)●参加費:1000円(ワンドリンク付き)

0 Comments:

Post a Comment

<< Home